2016年12月7日 更新

透明肌に視線が集中♡夏にモテるベースメイクの作り方

透明肌に視線が集中♡夏にモテるベースメイクの作り方

夏のメイクはどうしても厚く見えがち……。しかし、愛され顔の定番は何と言ってもナチュラルメイクですよね。ならば叶えましょう、くずれない夏の透明肌!今年の夏はひと手間かけて、さらツル肌で周囲と差をつけましょう♡

メイク前のスキンケアにも手を抜かない!

男性が女性のお顔でつい見てしまうのが「つるりとしたきれいな肌」。女性はぱっちりしたアイメイクに力を注ぐことが多いのかも知れませんが、実はモテでもっとも重要なのは肌!

ですので、「暑さでべとつくからうるおっているはず。」という思い込みを捨てて、暑い夏でもスキンケアを怠らないようにしましょう。

◆夏におすすめのメイク前のスキンケア

1.化粧水でしっかり保湿……コットンで丁寧にパッティングすることで毛穴が引き締まります。目安はお肌がひんやりする位。
2.乳液やクリームで水分蒸発を防ぐ……紫外線による乾燥からお肌を守ります。どうしても時間がないときは、乳液を両手で温めてつけるだけでもOK。

メイク前にしっかりお肌を整えておくとファンデーションがきれいにのり、メイク崩れしにくくなります。さらに、夜のお手入れにほてりを抑えるローションをプラスすると、日焼けによるダメージを軽減できます。そんなひと手間も後の透明肌のための地道なスキンケアになりますよ♪

ベースメイクはあくまでも透明感を重視して♡

ファンデーションを厚く塗ってしまうと、崩れがひどくなる上に、老けて見えてしまいます。男性は赤ちゃんのような透明感のある肌が好きなので、ベースメイクは極力うすく仕上げましょう。

ファンデーションをうすく塗るコツは、大きな鏡で少し離れてメイクをすること。手鏡では小さなトラブルに目が行きすぎて、つい厚塗りになってしまいます。そしてファンデーションはブラシを使ってほんの少量をうすく全体に伸ばしながらつけます。気になるところはトントンたたくように重ねづけするか、コンシーラーでカバーしましょう。

そしてフェイスパウダーは必須!余分な皮脂や汗をパウダーが吸着してくれます。サラッとするまでつけるのが目安で、脂性肌の方はTゾーンやお鼻まわりをしっかりおさえましょう。大きなブラシで全体にさっとつけ、大きいパフでおさえるときれいな仕上がりになります。また、アイメイクがくずれないように、目のまわりをしっかりおさえるのも忘れずに。

さらにUVケアも忘れずに!

最近の下地は日焼け止め効果のあるものがほとんどですが、「焼けやすい」「シミができやすい」という人は、さらにその上からUVカットスプレーなどをかけると安心です。また、紫外線は地表面で反射していて、

【地表面の状態による反射】
・砂浜……10~25%
・アスファルト……10%
・水面……10~20%
・草地・土……10%以下

というデータがありますので、足元からの日焼けにも注意しましょう。

さらに、紫外線は肌だけでなく唇にもダメージを与えます。ですので、唇用のジェルやクリームでパックするなど、唇のケアもプラスしましょう。

くずれないメイクで自信を持って、この夏をさわやかな笑顔で楽しみましょう♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日本化粧品検定協会公式コスメコンシェルジュインストラクター 日本化粧品検定協会認定校コスメライセンススクール函館校代表講師 1995年より美容の仕事に携わり、美容サロンを経営しながらレッスンの講師を務める。 2015年より化粧品検定協会認定校コスメライセンススクールを開校。 本当に使える美容の知識と技術を身につけるスクールを開催中。 ★コスメや美容について学びたい方、大歓迎...
透明肌に視線が集中♡夏にモテるベースメイクの作り方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

千葉 祐子さんの新着コラム

by千葉 祐子

簡単・時短で良いとこ取り!パウダーレスなベースメイク方法をご紹介♪

忙しい朝は少しでも時短したいけど、メイクの手を抜く事が出来ない方へ。パウダーレスメイクはポイントを押さえれば決して手抜きには見えないんです!それどころではなく、長年のお悩みを解消できるかもしれません。ぜひ、試していただきたい「パウダーレス」なメイクをご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す