2016年12月8日 更新

クリスマス前にスッキリ背中痩せ!広背筋とすい臓を鍛えて背中を引き締める方法

クリスマス前にスッキリ背中痩せ!広背筋とすい臓を鍛えて背中を引き締める方法

「真の美容は筋肉から生まれる!」引き締まったウエスト、太もも、お尻、背中、二の腕などの美しい体は、筋肉を鍛えることで作り上げられます。特定の部位を引き締めたいのであれば、ただやみくもにトレーニングをするのではなく、関連の深い筋肉と内臓を効率的に鍛える必要があります。全身の筋肉は内臓とも深い関連性を持っていますから、トレーニングはそのまま内臓を鍛えていることにもなるのです。たるみやむくみ、肌の状態など、体の目に見えている部分は全て、今の筋肉と内臓の状態が現れているのです。そのなかでも今回は「背中」に焦点を当て、クリスマス前にスッキリ引き締まった後ろ姿を手に入れる方法をお伝えします。

背中痩せの基本は広背筋

背中を構成している主な筋肉は、「広背筋(こうはいきん)」です。
肩甲骨の下辺りから骨盤まで伸びている、いわゆる「背筋」といわれる部位のこと。

広背筋はとても大きな筋肉で、その弱りは背中のたるみとウエストのたるみを作る大きな原因となってしまいます。
背中に贅肉がついてぷよんとしている状態、ウエストの辺り(骨盤の上)に手でつかめるほどお肉がたまってしまっている状態、後ろ姿が脇から腰まで寸胴になっている状態…を招いてしまうのです。

そんな恐怖の状態を避けたいと願っている方は多いのではないでしょうか?

引き締まった背中を作るためのトレーニング方法は、テレビや雑誌など様々なメディアで紹介されていますが、広背筋が弱いままでは正しいトレーニングができず、適切な効果を得るのが難しいこともあります。
とても大きな筋肉ですから、弱い場合はトレーニングに与える影響が大きいのです。
効き目のあるトレーニング方法だとしても、辛くて続かないのではもったいないですよね?

まずは、広背筋を強化して本来の働きができるようになってからトレーニングをする。この順番であれば、だれもが背中を楽に鍛えることが可能となります。

広背筋を鍛えるとすい臓が元気になる

広背筋は「すい臓」ととても深い関連性を持っています。
すい臓の主な役目の一つは、食事として摂った炭水化物を消化し、タンパク質・脂質を体に吸収できる状態まで分解する「消化酵素」を出すことです。

すい臓の働きのお陰で、人は毎日エネルギーを食物からもらって生きることができているのです。普段、すい臓のことを意識することはなかなかないと思いますが、体にとってとても重要な存在なんですね。

食べすぎ、飲みすぎ(特に糖質の摂りすぎ)を続けていると、すい臓は酵素をたくさん出さなくてはなりませんからヘトヘトに疲れてしまいます。すると、「もうやめて~!」とすい臓が悲鳴を上げます。

その悲鳴を上げ続けた結果が、「広背筋の弱り→背中のたるみ、ウエストのたるみ」なのです。
(広背筋に加えて、肩甲骨の間辺りに位置している中・下部僧帽筋もすい臓につながる筋肉ですので、肩甲骨の辺りから背中全体までたるみが広がります)

もちろん、その状態になるまでにはある程度の時間がかかりますが、痛みやコリといったわかりやすい形で事前に知らせてくれませんから、気がついたときにはたるんでいた!ということになりやすいのです。

「すい臓が弱ると広背筋が弱る」ということは、逆にいえば広背筋を鍛えたらすい臓は強くなります。
もちろん、食べすぎ・飲みすぎを控えることも大切ですが、受け入れる内臓の力を上げることはとても有効と考えられます。

すい臓が元気になると糖代謝がUP!

すい臓のもう一つの大きな役目は、インスリンというホルモンを分泌して「糖代謝」をすることです。
糖代謝とは、炭水化物を消化・分解した「ブドウ糖」を栄養として吸収して、エネルギーとして使うことです。

インスリンが正常に分泌されることで、ご飯・パン・麺類、果物やスイーツなどを食べたとき、必要分のブドウ糖を栄養として吸収できますので、血糖値は安定し、ブドウ糖を欲している体(脳)が満足します。さらに、エネルギーとしてブドウ糖が活発に使われますから、余計な脂肪分がたまりにくい体にもなるのです。

余ったブドウ糖は脂肪として体に蓄えられますから、炭水化物をたくさん食べれば食べるほど、そしてそれをエネルギーとして使わなければ使わないほど、脂肪は増え、体重は増加し、結果、背中に贅肉がたくさんついてしまう…という結果を生むことに繋がります。

すい臓が元気になって、糖代謝がUPするということは、炭水化物をバカ食いをしなくても、「少量で満足できる体」「少量で維持できる体」になるということですね。
つまり、燃費のよい、スリムで引き締まった体になれる、と考えられるのです。

では、どうすればそうなれるのか?
答えはとてもシンプルです。
弱っている広背筋とすい臓を、強くすればいいのです。

筋肉には、弱っている筋肉を強化する反射点(オルガノ・リフレではリフレポイントと呼んでいます)があり、反射点を刺激することで筋肉は瞬時に強くなり、本来の仕事をしてくれるようになります。つまり、筋肉のやる気スイッチを入れるということですね!

そこで次では、広背筋とすい臓を強化して、だれもが背中痩せを達成できるようになるためのアプローチをご紹介します。

1. 広背筋とすい臓のリフレポイントにシールを貼るだけで背中痩せ!

一つ目のアプローチ方法は、広背筋とすい臓のリフレポイント(上の写真の☆印のところです。第七肋間の脇腹側というのは、写真のように胸のちょうど下辺りで脇腹に近い部分です)にCLEARシールを貼るというもの。

シールを貼ると、刺激によって弱った広背筋が強化されます。刺激は瞬時に脳に伝わり、脳(視床下部)から広背筋へ「強くなれ!」という命令が下ります。すると、キュッと背中が引き締まるんです!これは、なんと時間にして1秒もかかりませんし、すぐに体感ができる方もいると思います。

広背筋のリフレポイントは、すい臓の機能を上げるために有効なポイントでもあります。
リフレポイントは指で刺激するのが原始的なやり方ですが、痛みの刺激は時間が経てば消えること、また、シールを貼り続けることで継続的な強化ができる、といった理由からシールの使用を採用しています。

◆CLEARシールは現在オルガノ・リフレ協会で取り扱っており、施術、講座、セミナー、イベントなどでオルガノ・リフレを体験してくださった方にご提供しております。
シールの正しい貼り方・使用方法と体操方法などをお伝えしておりますので、ご希望の方は、下のリンクから直接みやたけたつんどまでご連絡ください。ご案内いたします。

2. ピンポイントで広背筋を鍛えられる背中痩せ体操が効果的!

もうひとつのアプローチとして、広背筋を効果的に鍛えられる簡単な体操をご紹介します。
写真のように手の平を外側に向けた状態で「気をつけ」の姿勢をとります。その姿勢から、腕をピンと真っすぐ伸ばし、体から45度開けてピタッと止めます。
止めたら、元に戻します。

この、腕を開いたり閉じたりする簡単な体操が、広背筋をピンポイントに鍛えさせてくれます。
広背筋が弱っているときは、何度か行うと腕が辛くなる場合があります(広背筋は腕を動かすために使う最重要筋肉です)。

ただ、リフレポイントにCLEARシールを貼った状態だと広背筋は強化されていますから、体操はとても楽にできるようになります。

最初は左右一緒に10回程度、楽にできるようになったら20回、30回と増やしてみてください。もしもあまり効いていないな、と感じる場合は、肩甲骨を内側に締めて気をつけの姿勢をとり、そこからペンギンのようにパタパタと、腕を開いたり閉じたりしてみてください。

ただ、決して無理はしないで、楽に行ってみてくださいね。
(CLEARシールがない場合は、リフレポイントを指で刺激してから体操を行ってみてください)

おわりに

この2つのアプローチを継続することで広背筋とすい臓は強くなり、背中痩せ達成への道が近くなります。クリスマスをより魅力的な姿で迎えられるように、ぜひ、お試しください!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
みやたけ たつんど
一般社団法人オルガノ・リフレ協会代表理事 オリジナルメソッド「オルガノ・リフレ」を開発し、現在、施術及び資格講座でその知識とテクニックを継承中です。 2004年より、健康食品の通販事業部にて、筋反射テストを用いたサプリメント、K18ゲルマニウムジュエリー提案営業、商品開発、アプライドキネシオロジーを活用した美容系のパーソナルトレーニングメニューやサロンの立ち上げなどを経験し、31歳で...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

みやたけ たつんどさんの新着コラム

Skin Care

byみやたけ たつんど

肌ケアの基本は水素水!活性酸素を除去して美肌になる方法

美肌を手に入れる方法の一つとして、活性酸素を除去するといわれる「水素水」を飲むことが効果的と考えられています。肌荒れ・吹き出物・シミなどの肌のダメージに関連があるといわれている活性酸素とは一体何なのか?何故、水素水を飲むと美肌になれるのか?そのメカニズムと水素水の活用方法をわかりやすくご説明いたします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by小澤めぐみ

美容鍼灸師が教える「冷え性を改善させるための3つの方法」とは?

暑い季節も終わり、足先が冷たくて寝られないといった方も増えてくるのではないでしょうか?不眠症、肩こり、腰痛、生理不順、不妊症、猫背、視力低下、肥満といった万病のもとである「冷え症」の実態と対策を美容鍼灸師がこっそり伝授します。これであなたも冷え性とさよならできるかもしれません♪

Body Care

by齊藤 みゆき

「摂取」と「消費」のバランスを整えてダイエット成功に導く3つのアイディア

ダイエットは摂取と消費のバランスがとても大事です。体重がなかなか減らないと感じている方は、思っているよりも案外“食べている”ということなのです。摂取したエネルギーを、いかに消費するか。今回はすぐに行動に移せるいつくかのアイディアをお伝えします。

Body Care

by三科 絵理

エレガントな手に見せる♡バレリーナの「指先ほっそりエクササイズ」で印象美人に!

手の指先は、意外と人から見られているパーツです。バレリーナたちは手の形まで美しく整えているので、いつもエレガントです。ボディの姿勢を保つのと同じように、指先を整えることで、ほっそりした優雅な手に見えます。コミュニケーションの場面でも手の差し出し方がエレガントになれば、丁寧な印象を醸し出すことが...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す