2016年9月6日 更新

老けないためにはコレが重要だった!エイジングケア医療が最も注目している○○とは?

老けないためにはコレが重要だった!エイジングケア医療が最も注目している○○とは?

若々しくいるために美容に力をいれる女性は多いですよね。 しかし、老けは何によって起こるものかご存知ですか? 老けの根本を理解していないと、毎日頑張っている美容が無意味なんてこともありえます…。 そんなことにならないよう、今回は医療業界も注目している老化の指標「糖化」について紹介します。

「糖化」が注目されている理由について

糖化という言葉をご存知ですか?
近年メディアでもよく取り上げられるようになってきたので、聞いたことがあるという方もいるかもしれません。
糖化は老化の指標として考えられています。
医療業界でも注目されている、むしろ医療業界から注目しはじめた美容・健康に関する項目です。
まだ不明な部分があるともいわれていますが、美容・健康に害を及ぼす要因として「糖化の進行」が大きく関わっていると考えられているため、この糖化の対策をすることが老化を防ぐために大切だといわれています。

糖化とはどんなもの?

糖質は身体のエネルギー源として大切なものですが、糖や糖質を摂りすぎるのはよくありません。
「糖化」とは、摂りすぎてしまった余分な糖と、人間の身体の大部分を構成するタンパク質と体熱が関わることによって結合し、AGEs(エージーイーズ)という最終糖化生成物が発生してしまうことをいいます。
このAGEsは老化タンパク質ともいわれます。
健康なタンパク質の構造が変化し、老化タンパク質AGEsになってしまうと、本来の機能を果たすことができずに、その働きを失ってしまいます。
AGEsの増加は糖尿病、がん、動脈硬化、高血圧症、腎疾患、骨粗鬆症などの誘発につながり、また、肌への影響としては黄くすみ、シワ、しみ、たるみ、代謝異常などが挙げられます。
そして、糖尿病患者の合併症、腎臓病や失明、四肢神経障害もこのAGEsの影響によるものと考えられています。
糖化は、血糖値の急激な上昇を繰り返したり、慢性的高血糖など、糖とタンパク質の接触時間が長いほど進行します。
このAGEsが一度できてしまうと改善が難しいため非常に厄介です。
糖尿病の方だけではなく、健康や美容のためにも後から対処するのではなく事前に糖化を防ぐのが最善策といえます。

糖化をイメージしてみよう!

糖化がなんだか難しくてよくわからない……という人はイメージをしてみましょう。
糖化はよく、ホットケーキを焼いたときの反応に例えられます。
ホットケーキは、卵や牛乳(タンパク質)と、砂糖(糖)を混ぜて作ります。
熱を加えて焼くことで褐色の焼き色が付き、焼き色は元に戻りません。

酸化と糖化は別物!

時折「酸化」と「糖化」を同じものと思っている人がいます。
どちらもエイジングケアを語る上でとても重要なものですが、「酸化」と「糖化」は別物です。
「酸化」は、酸素が何かと結びつく働きのことをいいます。
身体が錆びると考えるとよいでしょう。

簡単なイメージとして挙げるとすれば、鉄でできた釘がさびて茶色く変色したり、剥いたリンゴを放置しておくと茶色くなる反応が酸化です。
「糖化」は上の項目で説明したとおりで、熱が関係することから身体がこげると考えるとよいでしょう。

今まではエイジングケアを語る上で「酸化」「酸化」と騒がれていましたが、今は「酸化」よりも「糖化」の方が美容・健康の大敵と考えられる傾向が強いです。

最後に

エイジングケア医療が最も注目してる○○とは、「糖化」のことでした。
「糖化」は大変重要なことなので、別の記事でも糖化の続編を記載します。
そちらの記事も是非参考にしてみてください。

気になる続きは2015年10月26日(月)16:00公開予定です!
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
老けないためにはコレが重要だった!エイジングケア医療が最も注目している○○とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す