2016年9月6日 更新

気になる目元の乾燥…それは老化の始まり!今からできる対策方法は?

気になる目元の乾燥…それは老化の始まり!今からできる対策方法は?

目元は肌トラブルの集中ゾーンともいわれています。そんなデリケートな目元をふっくら・イキイキさせる方法をお教えします。

デリケートな目元の皮膚!

目の周りには、シワ・たるみ・シミ・クマなど、たくさんの肌トラブルが集中してできてしまいます。
それは、目元の皮膚の厚さや構造がほかの部分と違うからです。
目の周りの皮膚は、顔全体の皮膚に比べて1/3くらいの厚さしかなく、コラーゲン線維も少ないのです。

そして目元は、毎日約1万回ものまばたきをしたり、笑う・怒る・驚く・悲しむなど表情が変化したり、花粉症・アレルギー、パソコンの使いすぎなどによって酷使されるため、それらも目元のトラブルを引き起こす原因になります。

このように目元は、とてもデリケートな場所だということを覚えておいてください。
とてもデリケートな場所だからこそ、毎日のお手入れ方法が重要になってくるわけです。

どうしたらいいの?目元のお手入れ方法は……?

「目元の皮膚はとても薄くてデリケートだ!」ということはわかっていただけたと思います。
皮膚が薄いと「乾燥」しやすくなります。
特に目の周りの乾燥は、「洗顔方法」と「保湿不足」が主な原因になります。

アイメイクの落とし方

目元の皮膚は薄いのに、そこにメイクもしているわけですから、落とし方が重要になります。
短時間で簡単にメイクを落とそうとすると、洗浄力の強いクレンジングを選んでしまいがちですが、洗浄力が強いということは、それだけ刺激も強いということにもなります。

しかも、マスカラやアイライナー・アイカラーなどを一気に落とそうとし、ゴシゴシ洗っていませんか?
もともと弱くデリケートなところをゴシゴシ摩擦することで、角層がダメージを受けて傷がつき、バリア機能が失われてしまい、潤いをキープできなくなってしまいます。

◉ポイントメイク落としを使いましょう。
目の周りや、唇の汚れを落とす専用のリムーバーがあります。

<アイメイクリムーバーの正しい使い方>
1.コットンにしっかりしみこませましょう
アイメイクリムーバーの量が少ないと、摩擦がおきて肌を傷める原因に……。裏面までたっぷりしみこませましょう。

2.まぶたの上で10秒キープ
目を閉じて、まぶたの上にリムーバーのしみこんだコットンを10秒置いて待ちましょう。
コットンにアイメイクを写し取るイメージです。

3.まつ毛をコットンではさむ
マスカラを落とすときは、ゴシゴシこするのはNG!
コットンではさんで優しく拭き取りましょう。

4.コットンの1/4の角を使う
アイライナーは、コットンを1/4に折った角で、目をささないように気をつけて優しく拭き取りましょう。

◉フィルムマスカラ・アイライナーを使う
乾くと耐水性のフィルムになり、まつ毛をコーティングするマスカラやアイライナーがあります。
水に濡れてもにじみにくいのが特徴で、こすらず、38℃〜40℃くらいのお湯で落とせるため、こういったものを使うというのも一つの方法です。

目元の保湿

洗顔後は、しっかり保湿しましょう。
肌の水分保持力は、角層の細胞間脂質によって8割が担われています。この細胞間脂質の主な成分は「セラミド」です。

セラミドは、水分をしっかりはさみこんでキープしますので、セラミド配合のスキンケアアイテムでしっかり保湿することをオススメします。

スペシャルケア

◆ツボ押しでスッキリ!
目の周りのツボを押すことで目元がスッキリします。
眼球を囲むように骨があります。その骨の内側を目頭〜目尻に向かって5箇所程度、優しく・ゆっくり・じんわりと中指のはらを使って押していきましょう。
上まぶたは、下から上に・下まぶたは、上から下に力を1.2.3と数えながらかけます。

◆目にいい食品を食べましょう。
ビタミンA・B・Cが豊富な食べ物を摂るようにしましょう。
特に、魚やレバー・ニンジン・カボチャ・ホウレン草・ジャガイモ・大豆などが、目にいいといわれています。意識して取り入れましょう。

◆十分な睡眠をとりましょう。

◆目元専用の美容液・クリームを使いましょう。
アイクリームの基本的な役割は、目元の乾燥を防ぎ、潤いを与えることです。
アイクリーム・美容液を選ぶときには、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・レシチン・グリセリンなどが配合されたものがオススメです。
また、レチノール・ビタミンC誘導体・ナイアシンなどはエイジングケア成分ですので、目元のケアにもオススメです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
気になる目元の乾燥…それは老化の始まり!今からできる対策方法は?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

見られていますよ!隠しきれないエイジングパーツ!出やすい場所とケア方法をご紹介

最近、スキンケアやメイクアップによって若々しい肌や印象を作り上げている「美魔女」や「年齢不詳」の女性が増えて来ていますね。しかし、ついうっかり!他人に見られてやすい、肌年齢が出てしまう場所があるのです。その場所とケア方法をお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by齊藤 みゆき

生姜を味方につけて寒い冬を乗りきるコツ

今はちょうど一年で一番寒い時期といわれる大寒の時期ですが、この時期から太陽の力は日ましにだんだん強くなり、植物も芽生え始め、少しずつ春に向かっていきます。とはいえ、春が近いといっても、それは暦の上での話で、実際はまだまだ寒い日が続くでしょう。体調を崩さないようにご自愛いただきたいのですが、風邪...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す