2016年12月7日 更新

着物の日はメイクも変えて♪和服メイクをマスターしましょう

着物の日はメイクも変えて♪和服メイクをマスターしましょう

着物を着てお出かけする日は、なんだかワクワクしますよね。メイクも少し装いを変えて、いつもと違う自分を楽しんでみてはいかがでしょうか?今回は、和服に似合うメイクをレクチャーします。

着物のときはいつものメイクではダメ!?

着物を着る日もいつものメイクをすると、服にメイクが負けてしまったり、逆に喧嘩してしまうことがあります。
アンバランスにならない着物メイクとは、どのようなものなのでしょうか?

まず、「普段はナチュラルメイク派」という方は要注意です。
あまりメイクが薄いと、華やかな着物にお顔が負けてしまう可能性があるのです。
着物を着るときは、「しっかりメイク」を心がけてみましょう。

また、目元のメイクに力を置いている方も多いかもしれませんが、目元を派手にしてしまうと、成人式のようなメイクになってしまう可能性があります。
目元よりもリップやチークに明るいカラーを入れて、大人の着物メイクをしましょう。

しかし、着物を着るからといって舞妓さんのようなメイクをする必要はありません。
適度にトレンドを取り入れてもよいのです。

着物を着るときのベースメイク

着物を着るときは、ベースメイクも変えてみましょう。
マット肌に仕上げるのがよいといわれていますが、やりすぎは禁物です。

崩れにくく、アラを隠しやすいリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。
リキッドファンデーションは艶感が出せるので、最後にしっかりとお粉で押さえましょう。
お粉はパールなどが入っていないマットなものがよいでしょう。

また、コンシーラーもきちんと使うこと。
ファンデーションを塗った後に、気になる部分をカバーしてください。

普段メイクのときもそうですが、ベースメイクがしっかりできていないと、アイメイクをいくらがんばっても台無しになりかねません。
お肌をしっかりと作りこみましょう。

アイシャドウは着物の色に合わせてみましょう

せっかく華やかな着物を着ているので、トータルコーディネートで統一感を持たせてあげるとステキですよ。

まず、ベースとしてまぶたに薄いブラウンをのせるとなじみが良くなります。
その上から、着物に入っているカラーのアイシャドウを塗るのです。

前述のように、派手な目元は着物と喧嘩してしまいがちなので、色味をのせる部分は目尻側のみにしてみましょう。
ほんのりと色味をのせるとキレイですよ。

赤い着物のときはレッドアイシャドウ、青い着物のときはブルーアイシャドウ、といった具合に着ている着物とのマッチングを楽しんでみてください。

リップメイクはグロスを重ねすぎないことがコツです

着物メイクのときは、いつもよりも少し濃いめのリップを選んでみましょう。
目元を軽めに仕上げた分、口元を華やかにしてみてください。

カラーは着物に合わせるとキレイです。
赤や緑などの着物には、レッドリップが似合います。
青や紫のときはローズリップを。
ピンクやオレンジなどは、そのままピンクリップ、オレンジリップを選んでみましょう。

昔は着物のときにグロスを塗るのは好まれていなかったようですが、最近はグロスを塗る方も増えているそう。
ただし、グロスを重ねすぎると浮いてしまうこともあり、また、メイクが崩れやすくなってしまうので注意してください。

まず、リップペンシルでベースを作ってから、口紅を塗ってください。
その後で、同系色か透明のグロスを塗ります。
リップペンシルは口紅と同じ色かワントーン薄い色を選ぶと、自然に仕上がりやすくなりますよ。

眉の形も工夫してみましょう

着物の色によって似合う眉の形が違います。
淡い色の着物であれば、円みのある眉で柔らかいイメージを出しましょう。
濃い色の着物で凛としたイメージにしたいのであればストレート眉を。

やや太めの眉が合うので、アイブロウパウダーを使って一本一本毛を描き足すようなイメージでメイクしてみてください。
細すぎる眉は着物とは相性があまり良くないので、地眉が細い方は特に念入りにメイクしましょう。
なお、カラーマスカラで色味をつけるのは、着物メイクのときには控えましょう。

着物を着る日は特別なメイクで!しっとり和風美人になりましょう

いかがでしたか?
着物メイクは、普段メイクとは少し違うのです。

目元に重点を置きすぎず、口元をいつもより濃いめにしてみましょう。
また、着物の色に合わせた色を使うと、統一感が出せてよりキレイに仕上がります。

着物を着る日は、なんだかワクワクする特別な気分に合わせて、メイクも変えてみましょう。
周囲から一目置かれる存在になれるかもしれません。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
着物の日はメイクも変えて♪和服メイクをマスターしましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

もっと目を大きく見せたい!錯覚を利用して目の縦幅・横幅を大きくみせるメイク術

目力アップは永遠のテーマではないでしょうか。目をより大きく見せたいと思って、アイメイクに力を入れている方も少なくないでしょう。そこで、目の縦幅と横幅を大きくみせるメイク術をそれぞれご紹介します。理想的な目に近づいてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

カッコいい「大人クール」!引き算メイクを利用して品良く仕上げましょう♪

クールなメイクは憧れるでしょうが、ともすればやり過ぎメイクになってしまいがちです。これからは、大人の女性らしいクールメイクを心がけてみましょう。そのメイクの肝は引き算。引き算メイクを上手に使ってみてくださいね。

by二神 健一

日焼け隠しをしながら秋メイクに切り替えるメイク術

夏の日差しで焼けてしまった肌。もちろん日焼け止めや美白化粧品を使い、お肌をケアすることも必要ですが、今回は小麦色に焼けてしまった肌を今年の秋メイクに切り替えるメイクテクニックをご紹介いたします。

by西田 彩花

ルースパウダーって本当に必要なの?その機能と使い方をおさらい!

あなたは、ベースメイクの仕上げにルースパウダーを使っていますか?ルースパウダーの役割がどういったものかを知っていますか?実は、ルースパウダーを使うと良いこと尽くしなのです。そこで、ルースパウダーはなぜ良いのか、基本的な使い方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す