2016年9月6日 更新

ダイエットにも!美容や健康にいいといわれる黒酢のパワーとは?

ダイエットにも!美容や健康にいいといわれる黒酢のパワーとは?

以前から「美容や健康にいい」といわれる黒酢ですが、実際にどのような効能があるのかは知らないという人が多いのでは?そこで今回は、黒酢を摂ることで得られるさまざまなうれしい効果について解説します。その効能はダイエット・疲労回復・血液サラサラ……と幅広いのです!

そもそも黒酢とは?

黒酢は、玄米または大麦を半年〜3年ほどじっくりと熟成発酵させた酢のことをいい、醸造酢の一種であり、米黒酢の分類となっています。日本の黒酢が米だけから作られるものが主流であるのに対し、中国産のものはコーリャン(モロコシ)や大麦なども使われているため香酢と呼ばれています。(参考:Wikipedia)

一般的な穀物酢に比べると、「アミノ酸」「有機酸」「ビタミン」「ミネラル」などを多く含んでいるのが特徴です。それでは次で、黒酢の具体的な効能について見てみましょう!

ダイエットに効果的!

黒酢に含まれるクエン酸には、体内のエネルギーを効率良く燃焼させるはたらきがあります。また、大腸のぜんどう運動を活発にし、美容やダイエットの大敵である便秘を予防します。さらに、豊富に含まれる必須アミノ酸が体脂肪の燃焼を活発にし、体内の老廃物を排出してむくみを予防します。

疲労回復にも!

酢酸には、運動などで疲労すると消耗されるグリコーゲンの補充を促進する効果があります。そして、クエン酸によりエネルギーが作り出され、疲労回復に効果を発揮します。クエン酸の効果については、以前から梅干しなどでも知られていますね。

さらに、アミノ酸も疲労回復のために重要なはたらきをし、運動の際のエネルギー源となったり、持久力を高めたり疲労を軽減したりする作用があります。

血液をサラサラにし生活習慣予防に有効!

酢の血液サラサラ効果に加え、黒酢には豊富なアミノ酸効果がプラスされているので、血流改善効果大!です。

また、人間に必要な8種類の必須アミノ酸やクエン酸をはじめとする有機酸が多く含まれ、これらが血栓を除去し血液をサラサラにし、高血圧・動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善することができます。

まだまだある黒酢パワー!

◆美肌効果
必須アミノ酸の中でも肌に関係する成分として、皮膚の潤いを保つセリン、コラーゲンの材料となるスレオニン、保湿・酸化防止作用のあるグリシンが含まれており、美肌効果が期待できます。

◆血圧抑制効果
血管の収縮などにより血圧を上げる働きのあるACE酵素を阻害し、血圧の上昇を抑える効果が高いのが特徴です。ただし、血圧が正常な方や低血圧の方が摂取しても血圧は下がることはありません。血圧が下がるのは、数値が正常値より高い方のみです。

◆冷え性の改善
黒酢を飲むと体の中がポカポカしてくる感じがしますが、これはアミノ酸が固くなった赤血球を柔らかくして手足の末梢まで血液が届くようになったからです。黒酢は、他の酢と比べてもずば抜けてアミノ酸を多く含み、冷え性の改善に効果を発揮します。

黒酢の効果的な飲み方は?

Soy Sauce In A Transparent Plate On A White Background 写真素材 69633223 : Shutterstock

1日の摂取量の目安は、大さじ2杯(20〜30ml)です。飲み方や食べ方に決まりはありませんが、刺激が強いので空腹時は避け、うすめて飲むのが基本です。

炭酸で割ったり、ハチミツを入れたり、料理の調味料として利用したりするのもオススメです。油っこい料理によく合い、黒酢を使って調理することで魚や肉も柔らかくなります。

最近では、サプリメントタイプのものや、飲みやすくなっている黒酢も多く出回っているので、手軽に黒酢の栄養素を摂取してパワーを取り込んでみましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
ダイエットにも!美容や健康にいいといわれる黒酢のパワーとは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

見られていますよ!隠しきれないエイジングパーツ!出やすい場所とケア方法をご紹介

最近、スキンケアやメイクアップによって若々しい肌や印象を作り上げている「美魔女」や「年齢不詳」の女性が増えて来ていますね。しかし、ついうっかり!他人に見られてやすい、肌年齢が出てしまう場所があるのです。その場所とケア方法をお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by齊藤 みゆき

歩くことを味方につけて「体も心もスッキリ!」を目指そう

この時期は三寒四温といい、寒い日と暖かい日が7日周期で、寒暖を繰り返しながら春に向かっていくといわれています。温かい日はよいとして、寒い日に外出するのは億劫だったり面倒に思うこともありますよね。意識して動かないと運動不足になりがちなこの機会に、ウォーキングを意識してみませんか?

Body Care

by西田 彩花

女性ホルモンの乱れに対応して体の中からキレイになりましょう

女性は、良くも悪くもホルモンの影響を受けています。生理前にお肌が荒れたという経験のある方。それは、ホルモンの影響かもしれません。ホルモンを正しく理解し、上手に付き合いましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す