2016年9月6日 更新

化粧品の豆知識!新しい化粧品を使うときに気をつけたい注意点とは?

化粧品の豆知識!新しい化粧品を使うときに気をつけたい注意点とは?

新しい化粧品を購入すると、わくわくしたり気分が高まりますよね。美容のアンテナが高い女性ほど、いろいろな化粧品を試したいという気持ちが強いはず。しかし、新しい化粧品を使うときに気をつけた方がいい点があるのをご存知ですか??今回は初めて使う化粧品に切り替える際に、注意したい点について紹介します。

ここでいう新しい化粧品とは?

新しい化粧品とは、新商品という意味ではなく初めて使う商品であったり、使用経験があったとしてもリニューアルしてしまった商品など、自分の肌につけるのが初めての商品のことを指します。

化粧品購入後は…

新しい化粧品を買ったときには「早速使っちゃおう!」という気持ちになりますが……ちょっと待って!お肌が強くて、今までどの化粧品を使用しても肌荒れした経験がないという人はこれでいいかもしれません。しかし、一度でも肌荒れした経験がある人には、いくつか気をつけてほしい点があります。

◆注意点① 一気に化粧品を変えない

化粧品をブランドごと全て変える時などに行いがちなのが、化粧品を一気に変えてしまうこと。スキンケアはライン使いがいいといわれますが、実はこの行為には危険が潜んでいるのです。

なぜ一気に化粧品を変えてしまうことが危険なのかというと、肌荒れを起こしたときに、複数のアイテムを使用した後だと何が原因で肌荒れが起きたかを突き止めるのが難しくなってしまうからです。このようなことを避けるために、化粧品は一気に変えるのではなく、徐々に変えていくようにしましょう。

◆注意点② 使い始める時期に注意する

女性の場合、ホルモンバランスによってお肌の状態が変わります。特に生理前や生理中はお肌が敏感になる時期です。この時期に新しい化粧品を使用すると、化粧品の良し悪しに関係なくお肌が荒れてしまう可能性があります。

ですので、新しい化粧品に変えるタイミングは、生理終了直後の1週間を目安にしてみましょう。

◆注意点③ すでに肌荒れががあるときには慎重に

別の化粧品でかぶれが出ているときなど、すでに肌荒れが起きている状態であれこれと新しい化粧品を肌につけるのは良くありません。

化粧品によるかぶれが起きているときは、皮膚科で指示されたとおりに治療に専念し、症状が治ってお肌が落ち着いてから新しい化粧品を使用するようにしましょう。

◆注意点④ 季節の変わり目にも気をつけて

季節の変わり目は体調を崩しやすく、体調を崩しているときにはお肌が敏感になります。このときに新しい化粧品を使用すると、化粧品の質に関係なくお肌が荒れてしまう可能性があります。

そのため、季節の変わり目で体調が優れないときは体調が良くなってから使用するようにしましょう。

新しい化粧品による肌荒れを避けるためにおすすめしたいこと

今まで注意点を紹介してきましたが、新しい化粧品で肌荒れを避けるためにやるべきこともあります。それは、化粧品を使用する前のパッチテストです。

パッチテストは、化粧品を腕の内側などの目立たないところに塗り、一定の時間放置し、接触皮膚炎が起きるかどうかをチェックするテストです。パッチテストを行えば100%肌荒れが起こらないというわけではありませんが、肌荒れを起こすリスクが下がります。

特にスキンケア商品や海外で購入した化粧品は、トラブルを未然に防ぐためにパッチテストをおすすめします。

最後に

化粧品は同じものをずっと使用していれば良いというものではなく、また、ひとつのものを長い期間使用していても、突然肌荒れが起きてしまうこともあります。ですので、年齢や肌の状態に合わせて変えていくことも必要です。

新しい化粧品を使用する際は、今回お話しした気をつけるべきことを思い出して、安心・安全に化粧品を使いましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
化粧品の豆知識!新しい化粧品を使うときに気をつけたい注意点とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す