2016年9月6日 更新

これはOK?NG!?気をつけるべき乾燥肌対策とは?

これはOK?NG!?気をつけるべき乾燥肌対策とは?

乾燥が気になってくると方法はいろいろでも、みなさん乾燥肌対策をされていると思います。 でもその対策自体がもしも間違っていたら意味のないことですよね…。 今回は乾燥肌対策をする際に気をつけるべきことをご紹介します。

乾燥肌対策とは

乾燥肌には予防と対策が必要です。
乾燥肌を予防したり、改善させるためには、「角質層を整え、バリア機能を回復させる」ことが大切です。

「皮脂膜」、「NMF(天然保湿因子)」、「細胞間脂質」の3つが角質層を整えバリア機能を回復するために必須の物質です。
乾燥肌対策の仕方としては、これらを「落としすぎない」、「こすりすぎない」、「外から補う」ことが大切です。

落としすぎない・こすらない

まず、「落としすぎない」ということについてご説明します。
「落とす=クレンジング・洗顔」とイメージしてください。
クレンジングや洗顔を行うことは大切ですが、洗いすぎると乾燥が進行してしまうため、注意が必要なのです。

クレンジングや洗顔をすると、お肌の汚れや余分な皮脂を落とせますが、皮脂膜やNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質も洗い流してしまう可能性があります。

もちろん、肌には失った皮脂膜やNMF(天然保湿因子)、細胞間脂質を回復させる機能があるので回復はします。
しかし、洗顔回数が多すぎると回復が間に合わず乾燥が進行してしまう原因になるのです。

「こすらない」ということに関しては、まず、ゴシゴシ擦ることでお肌を守っている角質層が傷つきます。
角質層に傷がつくとバリア機能が低下するため、こするのは良くありません。

気をつけるべき点

・顔を洗うときはぬるま湯(32℃程度)で行いましょう。
・長時間の入浴はやめましょう。
・お風呂の温度は38~40℃程度にしましょう。
・石鹸や洗顔剤はきめ細かく泡立てた泡をたっぷり肌にのせ、やさしく洗いましょう。(ゴシゴシこすらないこと)
・乾燥が特に気になるときは、洗顔料の使用は夜のみにし、朝はぬるま湯でかるくすすぐ程度にしましょう。
・洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔剤を使わないようにしましょう。
・タオルで顔や体をふくときはやさしく、肌についた水分を吸い取るようにし、ゴシゴシ拭かないようにしましょう。

外から補う

加齢などによりNMF(天然保湿因子)や細胞間脂質の生成力が衰えている場合や、肌が回復しないレベルにまで乾燥が進行している場合などは、不足している分を外から補うとよいでしょう。

NMF(天然保湿因子)の大半を占める成分であるアミノ酸や、細胞間脂質を構成している成分の内、約半数を占めているセラミドなどが配合された化粧水や美容液などを使用するとよいでしょう。

気をつけるべき点

・洗顔後はすぐに保湿をしましょう。
・体の乾燥が特に気になる場合は、入浴後すぐに保湿ローションや保湿クリームなどを全身に塗りましょう。
・スキンケア商品を選ぶときは見かけ上の「保湿(とろみやべたつき)」ではなく、NMF(天然保湿成分天然保湿因子)や細胞間脂質の成分がしっかり配合されているものを選びましょう。
・パック(シートマスクやコットンパックなど)を長時間するのはやめましょう
・刺激になりやすい成分の入っていないものを選びましょう。(アルコール、精油など)

最後に

「セラミド配合」と書かれている保湿剤や化粧品でも、配合量が低いものでは使用する意味があまりありません。
セラミドは比較的高価な成分なので、安価なものにはあまり配合されていない傾向にあります。
少し値が張ってしまいますが、しっかり配合されたものを選ぶようにしましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
これはOK?NG!?気をつけるべき乾燥肌対策とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by遠山 久美子

キレイの第一歩は…優しく丁寧な「メイク落とし」と「洗顔」が決め手!

クレンジングと洗顔は、スキンケアの基本です。不十分なメイク落としや洗顔は、お肌のトラブルや老化を早める原因になってしまいます。「キレイ」の基本は正しいクレンジングと洗顔から始まるのです。それでは、その方法をご紹介しましょう。

Skin Care

by阿部 裕子

美肌を目指すなら知っておきたい!正しい洗顔方法

毎日行っている洗顔ですが、意外と正しい方法を実践している人は少ないかもしれません。 美肌を目指すならきっちりと押さえておきたい洗顔方法。早速今日から実践してみてください。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す