2016年9月6日 更新

今流行りのデジタルパーマ!気になるメリット・デメリットとは?

今流行りのデジタルパーマ!気になるメリット・デメリットとは?

最近ヘアカタログやなどでもよく目にする「デジタルパーマ」。まだ体験した事がないけれど、興味がある人も多いのではないでしょうか。そんなデジタルパーマの気になるメリット・デメリットとはどんな所なのかご紹介したいと思います!

スタイリング時間短縮

出典 :

デジタルパーマは、従来のパーマとは違い、巻き髪風など自然なスタイルを表現できるパーマです。濡れるとストレートになりますが、乾くと元通りのウェーブになるので、スタイリング時間も短縮できます。パーマのもちも良く、コールドパーマの1.5倍から2倍の期間スタイルを維持できます。しかし、根元からかけたり、細かいウェーブはできないので注意が必要です。

パーマがしっかりかかって長持ちする

出典 :

通常のパーマとは異なりデジタルパーマの場合、形状記憶力のあるパーマが特徴です。デジタルパーマとはパーマ液を使った後に熱による加工を行い、よりパーマがくっきりと付くようになります。通常のパーマは髪が濡れることでパーマがくっきりとするのですが、デジタルパーマの場合は髪が濡れるとストレートになり、乾くことでよりパーマがはっきりと出現します。

縮毛矯正がかかっていても大丈夫

デジタルパーマとは、一般的なパーマの際のパーマ剤の工程に熱加工を加えたパーマの手法で、縮毛矯正に作業工程が似ています。形状記憶力が強く、一般的なパーマの1.5〜2倍の持続性があります。大体4ヶ月〜6ヶ月程度、パーマが持続する方が多いです。また、形状記憶力が強いことで、縮毛矯正をかけた方やパーマがかかりにくい方でも、デジタルパーマはきれいなパーマをかけることができます。

優しい印象の髪型になれる

ヘアースタイルによって顔の印象が大きく変わります。黒髪でストレートのスタイルも素敵ですが、優しく女性らしい印象の髪型になるためには、ふんわりとデジタルパーマをかけることで実現できます。女性らしいスタイルとは、柔らかいニュアンスを表現できるスタイルです。女性らしいヘアスタイルにより、優しいイメージを表現できるのでデジタルパーマは高い人気を誇っています。

髪が短くてもデジタルパーマはかけれる

出典 :

デジタルパーマとはロッドを巻いた髪の毛に熱を加える事で強い形状記憶をさせたパーマの事で、普通のパーマと大きく違うのは乾いた状態で綺麗に仕上がるという点です。近年毛先のニュアンスが綺麗にでるとの口コミで、女性に大人気になりました。またデジタルパーマはロングの女性向きかというと実はそうではなく、髪が短くてもデジタルパーマはかけれるのです。例えば外人風ショートや内巻きボブ等、少し動きをつけるだけでぐっと垢ぬけます。

温度調整によりかかり具合やダメージ調節が可能

デジタルパーマとは、温度調整によってパーマのかかり具合を調整することができるスタイリングの手法です。自分のなりたいヘアスタイルに合わせて調整できます。またパーマのかかり具合を抑えると髪へのダメージも減らすことができます。デジタルパーマは自宅用のセットはあまり販売されていなく、また技術が必要で自分で行うのは難しいです。デジタルパーマは美容室で施術してもらうのが一般的です。

仕上がりが軽くなる

デジタルパーマとは、今大変人気となっているパーマスタイルの一つです。これは手間がかからないうえに1度施術をすると非常に持ちがいいとして、評判になっています。通常のパーマであると髪や頭皮を傷めてしまいますが、このデジタルパーマであればそれほど負担がかかりません。したがって、髪が傷んでいるという人や初めてパーマをかけるという人にも好評となっています。

髪が細い人や量が少ない人にはおすすめできない

デジタルパーマは、多くの人が行っているのですが、デジタルパーマとは、美容室で行うようなパーマです。機械的に頭をパーマにしていくのですが、注意しなければならないことがいくつか存在します。それは、髪が細い人や少ない人は行わないことです。髪が細い人が行ってしまうと、かなり髪の毛を傷つけてしまうことになるために、注意しなければなりません。行うときは、ある程度伸びてからにしましょう。

時間が長くかかる場合が多い

デジタルパーマとは、髪に熱を加えるとともに形状記憶を与えることで、パーマのかかり具合を強くすることができるパーマです。そのためデジタルパーマは従来のパーマに比べ、非常に長持ちします。個人差はあるものの、完全に取れるまで長い人だと半年〜1年ほど持つため、コストパフォーマンスが良く、手入れ・セット・スタイリングの手間が大幅に省くことができます。

他のパーマより価格が高い

デジタルパーマとは、髪を乾かすだけで美容院のスタイルが再現できるパーマです。朝時間がない時など、スタイリングに時間がかからないのはありがたいですよね。また、パーマのもちも良いので、一度あてると、半年ほどあてなおす必要はありません。たくさんメリットがありますが、他のパーマより価格が高いというデメリットもあります。気になる人は、美容院で相談してみてはいかがでしょう。

高温でパーマをするのでパーマ後のケアが大変

出典 :

近年話題のデジタルパーマとは、パーマの行程に熱処理を加える事で髪の毛を形状記憶させるパーマです。形状記憶する事で乾いた状態でも綺麗に仕上がる上に、毛先に綺麗なニュアンスがでるスタイルがお手の物なので大人気です。しかしこうした反面、高温でパーマをするのでパーマ後のケアが大変といった声も多くあります。確かにデジタルパーマの後のぱさつきは美容院でも言われる事ですが、トリートメントを十分にする事である程度のパサつきは収まります。

細かなウェーブヘアに向かない

デジタルパーマとは、パーマの種類の一つで、ホット系パーマとも呼ばれています。普通のパーマとの違いは、ウェーブの持ちが良いという事です。ただ細かなウェーブヘアを作るのには向いていないので、自分のスタイルに合わせてどのパーマをあてるかは選んだ方が良いです。ただデジタルパーマは自宅での再現も非常に楽なので、普段のスタイリングを楽にしたいという人には向いています。

根本からしっかり巻くことは不可能

出典 :

デジタルパーマとは、それ自体が熱を発生させるロッドで巻いて行うパーマの事で、通常のパーマ(コールドパーマ)よりも持ちがよく、さらに立体感のある巻き髪のような髪型の再現性にすぐれたパーマです。ただ、ロッド自体が五十度以上に発熱するので、コールドパーマのように根元ギリギリまでしっかり巻くことはヤケドしてしまうために不可能です。最低でも根元から2センチ程度は離す必要があります。

他のパーマと比べて熱くて重い

デジタルパーマとは通常のパーマに加えて熱加工をしたもので、他のパーマと比較すると持ちがよくパーマのかかり具合が強くなります。また乾燥することでパーマの形状が元に戻り、髪を傷めずに自分の理想とするスタイルになることができるのです。スタイリングに手間がかからないことから、若い女性はもちろんのこと働く女性にも人気で今やすっかり定番となっています。

新しいパーマで美容師が慣れていない場合がある

出典 :

デジタルパーマとは近年新しく登場したパーマです。従来のパーマよりも短時間ででき持ちも良いなどのメリットがあります。ただまだ新しいパーマなので美容師さんが施術に慣れていない場合があります。デジタルパーマをかけるなら、事前にデジタルパーマの経験豊富な美容室か下調べしてからが良いでしょう。ホームページや、口コミサイトを参考にするのも良いですね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
今流行りのデジタルパーマ!気になるメリット・デメリットとは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

bybeauty news

秋の最新ヘアはこれ!大人キュートな前下がりボブ?

紅葉もちらほら始まって、夏から秋の装いにチェンジするこの季節、心がワクワクしてきますね!思い切って、新しい髪形にイメチェンしようというあなたにおすすめの秋にぴったりの前下がりショートボブのご紹介です。

bybeauty news

ハリウッドスター御用達!最新トレンドカラーの美しいヘアカタログ

ハリウッドスター御用達のスタイルに挑戦したいという願望がある人もいるでしょう。かわいくスタイリッシュに決まる雰囲気。そこで、ハリウッドスター御用達の最新トレンドカラーヘアカタログをたくさん紹介します。

bybeauty news

圧倒的クールさが魅力★黒髪のおしゃれなヘアスタイルまとめ

まだまだ続く黒髪ブーム。クールに決まるところが最大の魅力です。さらさらの黒髪から覗く凛とした表情に、思わずドキっとしてしまいますよね。そんな黒髪の魅力を生かした、おしゃれなヘアスタイルを集めてみました。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す