2016年9月6日 更新

女性の悩みの種!肌トラブルはこうやって予防する♡

女性の悩みの種!肌トラブルはこうやって予防する♡

年齢とともにいろんな肌トラブルが出てきますが、できたら防ぎたいもの。 くすみやクマ、シミ、しわ…。いろんな症状がありますが、どんなことに気をつけたら予防できるのかまとめてみました。防げるものは防いで、肌年齢を若いままキープしたいですね。

目立たなくしたいしわ

きっとだれもが1つや2つは持っている肌トラブル。
シミやしわ、たるみ、毛穴、吹き出物、クマ…。
年を重ねるにつれて、疲れやストレス、寝不足などが肌トラブルにつながりやすくなります。

ちょっとしたものでも気になったときにすぐに対策をとることがポイント!
原因や対策法がわかっていれば、すぐに対処できます。
毎日洗顔のときに顔をチェックして、肌トラブルを見つけたら、すぐにケアしましょう。

まず、憂鬱な肌トラブルの1つである、しわから対策法をみていきましょう。
しわは化粧品で消すことはできません。ただ、しわがより深くなること、これからしわができることを防ぐのは可能です。

でき始めであれば、アミノ酸成分やNMFが入っている基礎化粧品でスキンケアすること。
ほうっておいたらしわは刻々と深くなっていきます。
また、肌が乾燥していたり毎日のスキンケアを怠っていると、しわができやすくなるので気をつけましょう。

しわがくっきりとしていたら…抗酸化作用や代謝作用のある成分が配合された基礎化粧を買いましょう。
そして、紫外線予防も忘れずに。紫外線にあたりすぎると、皮膚の老化を進行させてしまうので、ほどほどに。外出時は、冬であっても日傘やサングラス、帽子などを忘れないでくださいね。

疲れてみえるクマ

疲れているように見えてしまうクマ。
メイクをしてもクマが気になってついコンシーラーを厚塗りしてしまうことありませんか?それ、実は、逆効果です。
コンシーラーを厚塗りすることで、よりクマが目立ってしまうかもしれません。

クマには、3つのタイプがあります。血行不良による「青グマ」、脂肪のたるみによる「黒グマ」、シミやくすみによる「茶グマ」です。青グマは血行を良くするために温めるなど、簡単な改善方法があるのですが、黒グマや茶グマは難しいので、まず自分がどのタイプなのか把握することが大事です。

クマは、そもそもストレスが原因でできることが多いです。
ストレスにより自律神経の働きが悪くなり、血行不良になってしまうのです。
クマに気づいたら、ほどよく温めた蒸しタオルを目の上にのせて血流を良くしてみましょう。

仕事に追われ、乱れた食生活や寝不足などの生活だと、クマが常にある状態になるかもしれません。クマをなくすには、まずはストレスをなくすこと。そして、目が疲れたときは小休止するなど、無理をしないこと。
また、毎日のスキンケアにNMFやアミノ酸を配合した化粧品を取り入れてみましょう。

時間をかけてゆっくりケアするのが一番。
クマがなくなるだけで、かなり顔の印象が変わり、若々しくなりますよ。

少しずつ進行しているたるみ

肌トラブルのひとつ、たるみは知らないうちに進行しています。
肌の水分不足や筋肉の衰え、さらに過激なダイエットも、たるみの原因になります。

肌のたるみが気になり始めたら、セラミドやNMF成分が含まれているスキンケア化粧品を使うようにしてください。
といっても、化粧品だけでは治りません。

姿勢に気をつけて頬の筋肉を鍛えたり、食べすぎないようにするなど、日々の生活でもちょっと意識してみてください。
そして新陳代謝を活発にさせてハリや弾力性を取り戻すことが必要です。

私たちは、年齢に抗うことはできません。
でも、たるみの進行を防ぐことはできるし、筋肉を鍛えることで引き締めることはできます。
若々しい肌をキープするためにも、毎日の心がけが大事です。

なんとかしたい乾燥・肌荒れ

乾燥や肌荒れは冬だけの悩みではありません。
年を重ねるにつれて、皮脂の分泌量や水分は減少し、肌は乾燥しやすくなります。
最初はかさついているだけですが、乾燥がひどくなると粉をふいたようになってしまいます。
一度そうなってしまうと、化粧水や乳液で保湿しても効果を感じにくくなってしまうでしょう。

乾燥の原因は、スキンケアの方法や化粧品が合っていないということも考えられます。
例えば、今つけている化粧水がひりひりしたりしみることがあったら、使うのを中止してください。

また、クレンジングオイルを使用していないでしょうか?
クレンジングオイルは汚れ落ちがいい分、強力なので、毎日使うとそれだけ肌にも負担をかけてしまいます。クレンジング剤はクリームや乳液タイプがおススメ。
乾燥肌は、ほうっておくと敏感肌になり、そして悪化してしまうので、要注意です。

憂鬱になってしまう吹き出物

ニキビや吹き出物で悩まされている女性は、きっと多いはず。
肌トラブルの中でも、特に多いのではないでしょうか。
生活習慣や食生活の乱れのほかにも、スキンケアのしすぎ、無理なダイエットやストレスもニキビの原因になります。

また、糖分のとりすぎにも、注意。
皮脂分泌をコントロールするビタミンB2が破壊され、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

クマと同じように、ニキビもついメイクで隠そうとファンデーションを厚塗りしがちですが、できるだけメイクはしないようにしてください。
ニキビをファンデーションの油分で覆ってしまったら、治るものも治りません。

そして、ニキビ対策のスキンケア化粧品を使うよりも、まずは洗顔を見直しましょう。
その際、熱いお湯で洗う必要はありません。
できるだけ肌に刺激を与えず、ぬるま湯で優しく洗ってくださいね。

肌トラブルは、体のサインです。
ストレスや疲れがたまっていたり、ダイエットのしすぎであったり…。
肌トラブルをきっかけに、食生活や生活習慣、スキンケア化粧品が合っているか、など見直してみましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
女性の悩みの種!肌トラブルはこうやって予防する♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

阿部 裕子さんの新着コラム

Body Care

by阿部 裕子

二の腕をなんとかしたい!自宅で簡単にできるエクササイズでほっそり二の腕♪

薄着の季節になると、気になってくるのが二の腕のたるみ。なんとかしたいけど、ダイエットをしてもなかなかスッキリしない箇所でもあります。そんなときは、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをしてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

夏本番になる前に!紫外線からお肌を守る効果的な方法を教えます♪

紫外線対策は大切と分かっている方が多いと思いますが、普段どんな紫外線対策を行っていますか?紫外線対策が適切でないと、日焼けをしたり肌荒れを引き起こしたり、また金銭的にも無駄が生じてしまいます。そこで今回は、そんな苦労をしないよう、紫外線からお肌を守る効果的な方法を紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す