2016年12月7日 更新

この秋は唇で魅了する♪唇ケア&リップメイク

この秋は唇で魅了する♪唇ケア&リップメイク

秋色をメイクにとり入れるのにポイントとなるリップメイク。きれいなニュアンスを決定づけるのは健康的な唇です。トレンドのリップメイクを取り入れるなら普段、後回しにしがちなお手入れにも気を配ってワンランク上の仕上がりを目指しましょう!

この秋冬トレンドは?

この秋冬メイクも「赤リップ」のトレンドが続きます。春夏の「赤」にくらべると、秋はブラウンやブラックを混ぜたような深みのある色がトレンドになってきます。今年の注目は、果実をイメージしたベリー系の色味。クレヨンやリップライナーもたくさん出ているので、ブラウンやワイン系の色をいつもの赤リップにプラスするだけでも、バリエーションが広がってメイクが楽しくなりそうですね♪

ジューシーなツヤで健康的かつ女性らしい深みのあるレッド。ワイン系・ブラウン系など自分の顔色がきれいにみえるレッドを選びましょう。また、赤リップは合わせ方によって大人っぽくも可愛らしくもなれるのが魅力のひとつです。

ふんわりレッドで可愛らしく♪

透け感のあるシアーなレッドのリップを使うとやわらかい印象になります。オーバーライン気味に丸みを持たせて付けるのがポイントです。アイカラーの色味はひかえめにした方がリップカラーが映えます。

大人っぽく活動的に

赤リップは輪郭の仕上げが大切。ラインのみだれがないか、口角がズレていないかを忘れずにチェックしましょう。アイメイクにブラウンを入れるとより秋らしくまとまります。

ブラウン寄りのレッドは女性らしさを感じさせます。ナチュラル感を出すには、透明感のあるベースに仕上げるのも大切です。

ワインカラーにはアイメイクにインラインにしっかり入れると引き締まって洗練された印象になります。

唇のケアはどうしている?

赤リップをきれいに仕上げるにはやっぱり唇のケアは欠かせません。カサカサ唇はきちんとお手入れしましょう。

唇が荒れる原因と対策

唇の構造は皮膚と異なり、皮脂膜がほとんどないので、お肌を守る力がほとんどないといわれています。角層も薄いため、セラミドやNMFなどの保湿成分も十分ではありません。そのため、唇はダメージを受けやすいですが、再生するスピードは速いです。ケアすることで短期間での回復が可能ですので、きちんとケアしていきましょう。

【2つのケア】
①唇用美容液やワセリンで保護…クルクルとらせんを描きながらマッサージするのがおすすめです。
②きちんとクレンジング…ポイント専用のリムーバーでクレンジングしましょう。

リップクリームは予防がメイン

リップクリームは治すというよりは、予防ととらえて使いましょう。成分によっては刺激になることもあるので、自分に合ったものを選びましょう。つけるときはやさしく塗ることも大切です。

最後に

魅力的なリップメイクはその人のイメージを決めるひとつです。秋のベリー色!!自分らしく活用してイメチェンしてみてください!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日本化粧品検定協会公式コスメコンシェルジュインストラクター 日本化粧品検定協会認定校コスメライセンススクール函館校代表講師 1995年より美容の仕事に携わり、美容サロンを経営しながらレッスンの講師を務める。 2015年より化粧品検定協会認定校コスメライセンススクールを開校。 本当に使える美容の知識と技術を身につけるスクールを開催中。 ★コスメや美容について学びたい方、大歓迎...
この秋は唇で魅了する♪唇ケア&リップメイク
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

千葉 祐子さんの新着コラム

by千葉 祐子

パンダ目防止!!崩れない目元メイクのHow toとは?

ふと鏡を見てびっくり!泣いてもいないのにアイメイクが崩れてパンダ目になっていることはありませんか?恥ずかしい思いはしたくない!そんな事にならないためのメイク崩れを防ぐ方法をご紹介します♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by稲毛 登志子

【限定品】ゲラン フレグランス「ラ プティット ローブ ノワール クリスマ...

ゲランから世界的アーティスト JonOne(ジョンワン)とコラボレーションした、フレグランス「ラ プティット ローブ ノワール クリスマスコフレ 2016 」が、2016年11月1日に発売されました。カラフルなボックスはホリデイシーズンにぴったり。心躍る香りのドレスを身にまといましょう!

by西田 彩花

ダークカラーが映える季節♪メイク方法を改めて見直してみませんか?

冬がきて、ダークカラーが映える季節になりました。スモーキーメイク、施したことはありますか?ここで、改めてスモーキーメイクの方法を見直してみましょう。上手にメイクができると、掘り深い顔になれますよ。

by西田 彩花

ダスティピンクで大人の甘さをアピール♪上手にメイクする方法

ピンクは女性の永遠カラーではないでしょうか。しかし、ピンクは子どもっぽくなってしまいがちで、年齢を重ねるにつれ使いにくくなってしまうことがあります。そこでおすすめしたいのがダスティピンク。このカラーを上手く使ったメイク方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す