2017年1月21日 更新

日本人に合うオイルって?「こめ油」を使った内外ケアでカラダを整えましょう

日本人に合うオイルって?「こめ油」を使った内外ケアでカラダを整えましょう

油といえばダイエット中の方もそうでない方も、摂りすぎは太ると思われがちなのですが、実は油は人間にとって必要不可欠なもの。摂取を控えると肌がカサカサしたり便秘気味になったり、体に起こる変化を実感したことがある方も多いのではないでしょうか。今回は話題にのぼることが多い、こめ油についてお伝えます。

こめ油って何がいいの?

まず最初に言えることは、日本人の主食「こめ」からとれた油だということ。そして、美容や健康にとてもよいとされている、酸化しにくいオレイン酸などを含むオメガ9系の油だということです。

こめ油は、お米を精米した時に出る「ぬか」を原料にしています。最近はよくスーパーなどで見かけるようになりましたが、「こめ油」「玄米油」と表記が違うと別の油なのかな?とも思いがちですが、どちらも基本的な原料は同じです。加熱しても酸化しにくいので揚げ油としてとても使いやすいですし、ドレッシングなどにも使用できます。普段使いにどんどん使いたい油ともいえます。
油の原料といい、製法といい、こめ油は日本の食文化が生んだ日本特有の油なのです。

γ―オリザノール

米ぬかだけに存在するγ(ガンマ)―オリザノールには、自律神経の働きを調整する効果や、不眠、イライラを改善をするともいわれています。後でご紹介しますが、口にしても肌に塗っても美容や健康によいのはこの成分のおかげなのです。

植物ステロール

こめ油には、植物ステロールという油の食物繊維を多く含んでいます。食べ物に含まれるコレステロールが、小腸で吸収されるのを阻害し、そのまま体外へ排出させる働きがあり、結果として血液中の悪玉コレステロールを減らすことができるといわれています。また、酸化にも強い油なので、高温になっても油特有の焦げ臭が出ませんので、揚げ油、和洋中におやつ作りに……など、とても活用しやすく使いやすい油です。

美容オイルとして活用する

日本人女性は、昔から米ぬかを美容や生活の中に活用してきました。米は私たち日本人の主食でもあるため、アレルギーなどはなく、とても使いやすいオイルともいえます。(すべての人にアレルギーがないとは言えませんのでご了承ください)

こめ油の主な成分をここでざっと説明させていただきます。

・オレイン酸 
・リノール酸
・パルミトレイン酸
・γ―オリザノール
・トコフェノール

オレイン酸……皮膚を柔らかくし、かつ、浸透力が高めます
リノール酸……保湿効果やしわ防止、老化防止に役に立つといわれています
γ―オリザノール……シミの原因でもあるメラニン色素の生成を防ぎ、美肌効果にも期待ができます
トコフェノール……皮膚の成長を適度に促し、有害な活性酸素までを除去するといわれています

など、肌にとって良い成分がたくさん含まれているのです。

使い方アドバイス

・顔に
小さじ半分~1杯程度のごく少量をフェイストリートメントとして使用します。乾燥が気になる部分にのせて、刺激を与え過ぎない程度に指先でトリートメントします。

・体に
小さじ2杯程度をボディの乾燥が気になる部分だけに塗ります。お風呂上がりの水分をタオルで軽く拭き取ってから、全身をなでるようにすると、水分とオイルがさらになじむので塗りやすくおすすめです。

おわりに

実は筆者も、こめ油を普段から食事や美容に使っています。顔や全身保湿、少量を手に取り髪にも使っています。、日々使い続けていたら肌の色が明るくなったように思います。そして、乾燥や紫外線から守り、肌の状態をキープしてくれています。顔だけでなく体や髪にも使えるので、こめ油で全身をケアできちゃうのも魅力を感じています。日本人の食文化が生んだ日本人に合うオイルで、内外ケアを始めてみてはいかがでしょうか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
日本人に合うオイルって?「こめ油」を使った内外ケアでカラダを整えましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

一時的に増えてしまった体重にも!デトックス効果抜群のダイエットスープ

ついつい食べ過ぎてしまい増えてしまった体重が、なかなか元に戻らないという方も多いのではないでしょうか。ダイエットは摂取と消費のバランスが大事とはいえ、摂取と消費のバランスが大事とはいえ、なかなか思うように運動ができない方もいらっしゃると思います。そこで、食事で調整することができるダイエットスープのご紹介いたします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by西田 彩花

「かむトレ」って知っていますか?食事のときに意識するだけでほうれい線対策が可能!

ほうれい線やあごの下についた肉…これらは、表情筋や首まわりの筋肉の衰えが原因かもしれません。朝・昼・夜、ご飯を食べるときに「かむトレ」を実践してみてください。お悩みを解消できるかもしれません。

Body Care

by西田 彩花

今注目すべきはケイ素!?効果と摂取方法を学びましょう

ここ最近、よく耳にするようになったケイ素。でも、ケイ素って一体何?そういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そこで、ケイ素の効果や摂取方法についてまとめてみました。

Skin Care

byまりん

美白やエイジングケアも?!注目のアーモンドオイルの魅力

アーモンドオイルとは、アーモンドの種子から絞られるオイルのことです。栄養豊富で低刺激のため、食用としてだけでなく、お肌にも安心して使用できます。また、ほかのオイルよりも浸透力が圧倒的に高いため、肌の奥に(表皮のさらに下の真皮まで)しっかり届くのが特徴です。では、実際にどのような特徴があるのかご...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す