2016年12月7日 更新

お肌のくすみは憂鬱のもと…くすみの原因と対策を知りましょう

お肌のくすみは憂鬱のもと…くすみの原因と対策を知りましょう

お肌のくすみに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。でも、くすみの原因って一体なんでしょう?実は、くすみの定義は、医学的にはっきりと決められていません。さまざまなものがくすみと呼ばれていますが、それらの原因と対策をまとめてみました。

お肌のくすみとは一体なんなのでしょう?

お肌の色が暗くなると、くすんでいると感じますよね。
でも実は、くすみは病気ではないので、医学的な定義が決まっていないのです。
くすみは、お肌の透明感がなくなってしまうことや、シミやクマの集合体のことを呼ぶ方が多いそうです。

日本化粧品工業連合会が提唱しているくすみの定義は、「血流の低下、肌の凹凸、メラニン色素の沈着等において肌の明度が低下すること(肌が暗くなること)」とされています。

お肌の透明感がなくなるもののうち、「シミ」「クマ」「しわ」など、明らかな要因を取り除いたものをくすみと呼ぶということです。

くすみの原因は3種類…種類別に対策をしましょう

メラニンぐすみ

メラニン色素が要因のくすみです。
お肌を叩いたり擦ったり、強い刺激を与えながらケアをしていると起きやすいです。
化粧水をパッティングしている方や拭き取り化粧水を使っている方は要注意。

また、冬とはいえ、気づかないうちに日焼けをしている場合も、このメラニンぐすみが起きることがあります。

対策としては、ビタミンC誘導体の入った化粧水が有効でしょう。
ビタミンC誘導体は美白を促すものです。
メラニン色素の生成を抑えてくれるので、メラニンによるくすみに効きやすいのです。

血行不良ぐすみ

血行が悪くなることで、お肌の明度が下がるものです。
疲れや冷えなどで血行が悪くなっているときは注意しなければなりません。

対策としては、軽いマッサージが有効です。
マッサージで血行を促すと、くすみ解消に導くことができるでしょう。

顔全体にたっぷりとマッサージクリームを塗って、顎の下から下唇の中央、口角、こめかみまで円を描くようにくるくるとさすっていきます。

頬をマッサージするときには、小鼻の横からこめかみまでをマッサージするとよいでしょう。
目の周りのくすみが気になるときは、目頭からこめかみに向かって優しく指を滑らせます。

マッサージをするときは、皮膚を引っ張らないように注意しましょう。
皮膚の刺激になり、しわなどの原因になってしまいます。

陰影ぐすみ

乾燥などによってお肌の表面に細かい凹凸が生じて、影ができたためにできるくすみです。
メイクをしてから時間が経つとくすむ、という方はこのタイプの方が多いです。
時間が経って乾燥すると、角質細胞が毛羽だって、陰影ができてしまうのです。
寝不足による肌荒れも、このくすみの原因になります。

乾燥によるくすみのため、乾燥対策をするとよいでしょう。
お肌の潤いを守るためには、セラミドが入った美容液をたっぷりと塗ってみてください。
セラミドは、お肌でしっかりと水分を挟みこんでくれる成分です。
この成分を補って、乾燥から肌を守るのです。

どのタイプのくすみなのかわからない場合は…まずピーリング化粧品を

くすみの種類を挙げましたが、自分がどの種類か迷ったら、まずはピーリングをしてみましょう。
拭き取りタイプのものはお肌に刺激があるため、クリームタイプのものがおすすめです。

ピーリングは、メラニン色素を排出します。
そして、表面の荒れた部分も取り去ってくれるので陰影ぐすみにも有効です。
さらに、ピーリングをしながら優しくマッサージをすれば、血行不良にも有効なのです。

どのタイプのくすみにも効果的な万能ケアがピーリング。
くすみに悩んだら、まずはピーリングをしてみるのがよいかもしれません。

お肌のくすみを解決して心も前向きに!

くすみの種類を紹介しましたが、あなたのくすみの原因はわかりましたか?
原因がわかった場合は、それに合ったケアに加えてピーリングをしてみましょう。
わからなかった場合も、まずはピーリングから始めてゆっくりと見極めれば大丈夫です。

お肌のお手入れにプラスワンのケアをするだけで、くすみの悩み解決の第一歩を踏み出せます。
最近お顔の透明感がない…と悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。

お肌がキレイになると、自信が出て前向きになれるものです。
自信を持って毎日を笑顔で過ごしましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
お肌のくすみは憂鬱のもと…くすみの原因と対策を知りましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

アイライン・マスカラで印象は変わる!今日はどんな顔を目指したい?

アイシャドウのカラーを変えると顔の印象は随分変わりますが、アイラインやマスカラの塗り方を変えるだけでもイメージを変えることは可能。その日の気分によって、メイク方法を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by西田 彩花

保湿のクイーン「セラミド」をしっかり取り入れて乾燥知らずに!

「セラミド」という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、それがなにか知っていますか?実はセラミドは、保湿にとってとても重要な成分です。セラミドの重要性を知って、乾燥肌から脱出しましょう。

Skin Care

by花田 真理

美白成分にはタイプがある!シミのもとを排出する美白成分とはどんなもの?

美白対策に欠かせない美白成分ですが、成分にはタイプが分かれているのをご存じですか? 製品を選ぶときにも役立つのがこの知識!今回は「シミのもとを排出する美白成分」についてご紹介します。

Skin Care

by花田 真理

これはOK?NG!?気をつけるべき乾燥肌対策とは?

乾燥が気になってくると方法はいろいろでも、みなさん乾燥肌対策をされていると思います。 でもその対策自体がもしも間違っていたら意味のないことですよね…。 今回は乾燥肌対策をする際に気をつけるべきことをご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す