2016年12月7日 更新

割れてしまったお気に入りコスメを◯◯を使って簡単に復活させる裏ワザ!

割れてしまったお気に入りコスメを◯◯を使って簡単に復活させる裏ワザ!

アイシャドウやパウダーが粉々に割れてしまい、ショックを受けた経験はありませんか?粉々のまま使用していたらポーチの中が大変なことになってしまったり、それかもう捨ててしまおうかと考えたり……悩むところですよね。ですが大丈夫!実は「あるもの」を使うだけで、簡単に元の姿に元通り!ここでは、コスメ救世主の、あるものを使った裏ワザをご紹介します。

これで復活!「あるもの」とは……

使用するのは「無水エタノール」です!これをコスメに吹きかけるだけで、一瞬で割れたコスメが元通り!早速手順をご紹介していきます。

1.完全な粉末状にする

元通りにしたいパウダーコスメを用意したら、全体をあえて細かく砕いていきましょう。

少々心苦しいところですが……実はここが一番大切なステップです!できる限りサラサラな粉末状にしていきます。

細い棒状のものを使用すると砕きやすく、ヘアピンや綿棒などを使うのもおすすめです。このとき、粉が飛び散りやすいので、ティッシュを下に敷いておきましょう。

2.無水エタノールを吹きかける

汚れ落としや掃除の場面などでよく用いられる「無水エタノール」。これを希釈せずに霧吹きに入れ、全体に適度に染みわたるように吹きかけます。

過度に吹きかけるとアルコールが蒸発しにくくなってので、全体にまんべんなくかかる程度にスプレーできればOKです。

※手指消毒用のエタノールだと、水分が多く含まれているため、うまく固まらない場合が多いのでNGです。間違えないようにしましょう。

3.体重をかけて手のひらでプレス!

4つ折りにしたティッシュを上にかぶせ、平らになるように手のひらでプレス!このとき軽く体重をかけて、余分なエタノールを吸収&パウダー同士を圧力で密着させていきます。

ティッシュを取ってみると、あら不思議!こんな感じに……

割れる前のように、とてもきれいになりました!この後は乾かして仕上げます。

4.ドライヤーですばやく乾燥

ドライヤーの熱を利用して、エタノールを蒸発させて乾かしていきます。全体を完全に蒸発させれば復活完了!ボロボロ崩れることなく、今までどおりに使えます♪

エタノールは揮発性ですので、ドライヤーで完全に揮発させてしまえばお肌に負担を与える心配もなし。また、汚れをクリーンにしてくれる働きにも長けているため、ティッシュの端でパッケージをかるく拭き取れば、新品同様にピカピカになりますよ!

無水エタノールの扱いには要注意!

無水エタノールとは、エタノール(=アルコール)を99.5%以上含んでいるものを指します。手指などを消毒する消毒用アルコールはエタノールの濃度が低く、無水エタノールとは異なります。なので刺激が強く、扱い方によっては危険もありますので、下記の3点に注意して使うようにしてください。

・コスメの容器にエタノールを過度につけすぎたり、長時間つけ置きするとプラスチックが溶ける恐れがあります。

・火元の近くに置くと燃えやすい性質ですので、十分に注意してください。

・皮膚が弱い方は手袋をするなどし、ラベルの注意事項などをしっかり読んでから用いましょう。エタノールは揮発するとはいえ、完全に成分がなくなるわけではありませんので、お肌につける際にはパッチテストをおすすめします。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーアップスタイリスト ヘアメイク 静岡県出身。 昔から憧れだった美容師を目指し、16歳の頃よりサロン業務に従事。 上京、2010年BEAUTRIUMに入社後、更なる美容の魅力を追求すべく、同年にヘアメイクへの転身を決意。 サロンで実務経験を積みながら、エステスクールへのWスクールをスタートさせ、『協会認定エステティシャン取得、化粧品検定1級、アロマ検定1級』など、...
割れてしまったお気に入りコスメを◯◯を使って簡単に復活させる裏ワザ!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

竹本 実加さんの新着コラム

Skin Care

by竹本 実加

UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方

美容の大敵である夏の強い日差し!日焼けしない為に日焼け止めを塗るのは、美容というよりも当たり前の一般常識ですよね。しかし、UVケアしているのに薄っすら焼け始めている…というあなたは、間違った”当たり前”で夏のおブス肌まっしぐら!?そうならない為に、まず下の4項目をチェック!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

気がついたらパンダ目に!マスカラが滲みにくくなる塗り方の秘訣

マスカラはアイメイクの必須アイテムといっても過言ではないでしょう。丁寧に塗るとキレイに目力アップができて、欠かせない!という方も多いのではないでしょうか。しかし、マスカラをつけてると問題になってくるのが滲みです。マスカラが滲みにくくなるメイク方法、知りたくありませんか?

by西田 彩花

あなたはNGメイクになっていない?奥二重のメイク方法を変えてみましょう

日本人に最も多いといわれている奥二重。しかし、アイメイクがなかなかうなくいかないと悩んでいる方も多いようです。奥二重のアイメイク方法を間違えると、逆に目が小さく見えてしまうこともあります。今回は、そんなNGメイクとどうすればキレイなメイクに仕上がるのかをレクチャーします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す