2016年12月7日 更新

一重まぶたでもカラーアイシャドウを楽しみたい!上手なカラーメイク方法

一重まぶたでもカラーアイシャドウを楽しみたい!上手なカラーメイク方法

一重まぶたの方は、アイメイクに悩みがつきものではないでしょうか。特にカラーアイシャドウを使いたいときに、腫れぼったくなってしまわないかどうかが心配な方も多いと思います。無難なブラウンメイクばかりは飽きてしまった…。そういった方のために、一重まぶたの方のためのカラーアイシャドウテクニックをご紹介します。

一重まぶたにカラーアイシャドウは難しい!?実はそんなことはないのです

雑誌のメイクページを見ても、モデルさんはパッチリ二重の方ばかり…。一重まぶたの方は、メイクの研究をしようとしても情報が少ないのが現状でしょう。

アイメイクをするときに、さまざまなカラーを使ってみたい!そういった思いを持ちながらも、挑戦できない方もいるのではないでしょうか?一重まぶたにカラーメイクを施すのは難しい…。そう思っている方、実はそうではないのです。コツさえつかめば上手にカラーアイシャドウを使うことができます。寒色系のカラーから暖色系のカラーまで、さまざまな色を楽しむことができます。
今まで諦めていた方も、ぜひこの機会にカラーアイシャドウを使ってみましょう!メイクの幅が広がり、毎日がもっと楽しくなるはず♪

まずは寒色系カラーからチャレンジ!自分の肌の色に合ったアイシャドウを選びましょう

寒色系のカラーは引き締め効果があるので、一重まぶたの方でも比較的挑戦しやすい色味です。ただし、色選びには充分注意しましょう。ブルーベースの方はブルーやパープル、イエローベースの方はグリーンを使ってみて。肌に馴染みやすいカラーを使った方が、キレイな仕上がりになりやすいのです。使うカラーを決めたら、その色をグラデーションできるよう、薄い色味から中間色まで用意しましょう。そして、濃いめのブラウンのアイシャドウも用意してみてください。

まず、馴染ませるためのシアーなカラーをまぶた全体に塗ります。柔らかいブラシでふんわりと乗せると良いでしょう。そして、中間色を目の上5〜7ミリ程度塗ります。中間色を塗ったらシアーなカラーとキレイなグラデーションになるように、丁寧にボカしてください。
最後に、ブラウンアイシャドウで目元を引き締めます。ブルーならブルーのみ、グリーンならグリーンのみで仕上げたいところですが、一重まぶたの方は目を引き締めると目力がアップしやすいのです。目の際に細くブラウンアイシャドウを塗って、パッチリとした目元を目指しましょう。黒目の上部分を少し太めにするようにしてブラウンアイシャドウを塗ると、愛らしい目元が表現できそうですよ。

ブラウンアイシャドウも色味選びが大切です。ブルーベースの方は赤みブラウン、イエローベースの方は黄みブラウンを使いましょう。

暖色系は目尻に置くようにして!全体に塗らないことで腫れぼったくなくなります

一重まぶたの方にとって、暖色系のアイシャドウは鬼門だと思われがち。しかし、ポイントアイメイクにすることで腫れぼったくなりにくくなるのです。ブルーベースの方は青みピンク、イエローベースの方はオレンジを使ってみましょう。寒色系のカラーと同じように、色選びも重要なのです。

まず、ベージュのアイシャドウをまぶた全体に塗ります。そして、暖色系カラーを目尻側1センチほどに塗ります。縦幅は、目を開けたときにみえる程度で大丈夫です。そして、ベージュと暖色系カラーの境目をより薄いベージュのアイシャドウでボカしていきます。まぶた全体に色味を乗せないことで、目が膨張してみえるのを防ぎながら、カラーアイシャドウを楽しむことができるのです。

暖色系は腫れぼったくなりそうだから…と敬遠していた方も、ぜひチャレンジしてみてください。ポイントカラーアイメイクはオシャレ顔にもなれるので、一石二鳥でしょう。

重要なのはカラー選びと塗り方!難しそうと思っていた方もぜひ挑戦してみて

このように、いくつかのコツさえつかめば、一重まぶたの方でも簡単にカラーアイシャドウに挑戦することができます。

ポイントは、自分の肌に合った色選びと塗り方です。より馴染みが良いカラーで自然な目元を作り、腫れぼったく見えにくい塗り方をマスターすることが大切です。一重まぶたの方のアイメイクの肝は、目元を引き締めること。ブラウンアイシャドウやベージュアイシャドウを上手に組み合わせてメイクしてみてください。きっと、いつもとは違ったあなたに出会えるはずですよ♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
一重まぶたでもカラーアイシャドウを楽しみたい!上手なカラーメイク方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

カラーアイメイクは子どもっぽくなりがち!?大人のカラーメイク術とは

アイメイクの醍醐味は、さまざまなカラーを試せることでしょう。しかし、過度なカラーアイメイクは子どもっぽくなってしまうことがあります。そこで、大人の女性のためのカラーメイク術をご紹介します。

by小林未来

汚れたままだと危険!パフやブラシの大切さを再確認

みなさんがメイクの際にお使いのパフやブラシ、最後に洗ったのがいつだか覚えていますか?意外と重要視されていませんが、実はそれらを労わってあげるだけでこんなにもメリットがあるのです!

by西田 彩花

オフィスメイクでのチークどうしてる?オフィスでもOKなチークの入れ方

毎日働く女性にとって、メイクは必須でしょう。メイクの中でも印象を大きく左右するチーク、あなたはどう入れていますか?一歩間違えると子どもっぽくなってしまったり、派手な印象になってしまったりするチーク。オフィスメイクでもOKなチークの入れ方をレクチャーします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す