2016年9月6日 更新

綺麗のためには道具も綺麗にしなきゃはじまらない!

綺麗のためには道具も綺麗にしなきゃはじまらない!

みなさん、何気なく使っているメイク道具、お手入れしてあげてますか? 綺麗になるには、使う道具も綺麗でないと、綺麗な発色が出ないこともあります。それに、顔に使うものだから、清潔なものの方が気持ちいいですよね!

スポンジは四回で洗おう!

ファンデーションについているスポンジ、みなさんはどれくらい使っていますか?もちろん、毎日洗えたらいいですが、そうそう洗い替えを何枚も用意するというわけにはいきませんよね。
スポンジは、化粧直しのときによれた場所をぬぐうこともあり、最初のファンデーションを取るときだけに使うわけではありませんが、ここでは、ファンデーションを取るときだけに使う場合とします。

一度のメイクで使うスポンジの面積は、片面の半分くらいというのが一般的ではないでしょうか。

そうすると、片面で二回分。反対側もあるので、計四回使えますね!
一度ファンデーションをとった部分は、次のメイクのときに使おうとするときれいに取れず、ムラづきになることがあるので、一回のメイクで片面半分を使うのがいいです。

両面を使い、全体に色がついたら……さぁ!洗いどきです!

洗い方は、簡単です。
まず、ぬるま湯でスポンジを濡らします。冷水でもいいのですが、少し温度が高い方が汚れが落ちやすいです。
次に、スポンジクリーナーをふくませます。スポンジクリーナーは、各種化粧品会社からも発売されていますし、100円均一でも売られています。また、スポンジクリーナーがないときは中性洗剤を薄めて使うのもOKです。ただ、スポンジクリーナーの方が泡切れはいいかもしれません。汚れを落とすという意味ではどちらでも問題ありません。

そして、もみ洗いをし、よくすすぎます。
泡が出なくなるまですすぎましょう!始めは洗面器などで、水をためて洗ってもいいですが、最後は流水で流すようにしましょう。
最後に、よく水を切ります。スポンジなので、よく水を含んでいます。ぎゅっとかたく絞り、最後にティッシュでくるんで、最後のひと絞りをします。
そこまで終わったら、綺麗なところに、陰干しします。
よくしぼってあれば、湿度などにもよりますが、大体半日から一日で乾きます。

ブラシは一ヶ月に一回!

ブラシについては、みなさんはどんなお手入れをしているでしょうか?

毎日洗う必要はありませんが、一度使ったら、きちんと粉や、油分をしっかりティッシュでオフしておきましょう。
そして月に一度は、ブラシクリーナーで洗いましょう。

ブラシクリーナーは、スポンジクリーナーと兼用のものもあれば、トリートメント効果のあるもの、100円均一のものもあります。また、こちらもお手持ちではない場合には、中性洗剤で代用できます。

では、洗い方です。
コップに水をいれ、クリーナーを入れて洗浄液を作ります。その中に、ブラシを入れて、くるくると静かにかき混ぜるようにします。洗浄液がよごれてきたら、濯ぎましょう。濯ぎも同じく、コップに水を張り、かき混ぜるようにします。何度か濯ぎを繰り返したら、優しく水気を取ります。ブラシの毛が広がらないように、キッチンペーパーをゆるく巻きつけ、柄の部分で輪ゴムで留めます。そして、毛先を上に向けないようにして、陰干しします。毛量にもよりますが、2日くらいで乾きます。

何故毛先を上に向けてはいけないかというと、水は低い方に流れるので、毛先が上を向いてしまうと、毛の密度の濃い根元に水がいってしまい、根元の奥が半乾きになったり、雑菌が繁殖しやすくなるといった事態になりかねないからです。せっかく綺麗に洗ったのだから、清潔に乾いてほしいですよね。という理由で、毛先が上を向かないように干しましょう。

また、これは全てのブラシクリーナーに当てはまる方法ではありません。
この方法に当てはまるのは、スポンジクリーナー兼ブラシクリーナーのものや、中性洗剤を使う場合です。
ものによっては、直接クリーナーを毛に塗布し、洗うタイプもあります。また、洗い流さなくていいものもあります。
そして、ブラシによっては、ティッシュオフだけでいいものもありますし、洗うことで毛を傷めることになるブラシもあります。ブラシのお手入れ方法は、ブラシのパッケージなどに書かれています。ブラシは素材や作りがさまざまなので、全てを網羅する方法というのがありません。

ただ、いえることは、一回ごとのティッシュオフや、定期的なお手入れがブラシにも必要だということです。
ブラシもお手入れをせずに、ブラシ内に粉や油分をたくさん含んだ状態では、綺麗にチークをいれたり、ファンデーションをのせることがむずかしくなってしまいます。

チップは一週間に一回!

チップはすぐに汚れてしまいますね。また、目元などに使うので、こまめに洗いたいものです。

チップも一回ごとに粉をティッシュでオフしておきましょう。
洗うときはスポンジクリーナーか中性洗剤でOKです。
一度チップに水を含ませ、スポンジクリーナーをつけます。そうしたら、指で挟んでつまむように洗いましょう。最後は水を張った容器の中で濯ぎ、仕上げに細く出した流水で流しましょう。
ティッシュでチップを挟んで、つまむように水気をきり、陰干しします。1日ほどで乾きます。

綺麗なメイクは綺麗な道具から。
道具のお手入れ方法も、これを機に見直してみましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
MIZUKI
コスメコンシェルジュ メイクで一人でも多くの方に笑顔になっていただきたい その想いを常に持ち、メイクや美容の勉強に励んでいます。 もちろん仕事も全力で。 将来はメイクセラピーやブラインドメイクにも携わりたいと考えています。 最先端のことも好きですが、Fauraでは、見逃してしまいがちだけど、大切なことを書かせていただきたいと思っています。
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

MIZUKIさんの新着コラム

byMIZUKI

ダイエット中・ダメージヘアが気になる方に!スマホに入れておきたいオススメアプリ3選

様々な種類の便利なスマホアプリがあふれるこの時代。その中でもダイエット中の方や美に気づかう方におすすめのアプリをご紹介します。それぞれ各ジャンルから一つずつアプリを厳選しました。流行に敏感な方や、健康に気を使う方は特に必見です!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

使用する道具は指!?指でアイシャドウをキレイに塗る方法

アイシャドウを塗る際に、チップやブラシを使っている方も多いかと思いますが、指でキレイに仕上げられることを知っていますか?指を使ってアイシャドウを塗ると不自然になりそう…。そう思っている方のために、このメイク法の利点とやり方をご紹介します。

by大迫 茉奈

透き通るようなヌードスキンに♡ベースメイクアイテム5選

トレンドのヌード肌メイクにトライしようと思っても、カバーしたいところがあったり、リキッドを付けるとテカリが気になったりと、理想の仕上がりを再現するのって難しい……と思っていませんか?難しいテクニックいらずで綺麗に仕上がるベースメイクアイテムをご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す