2016年12月7日 更新

正しいやり方を知っておこう!自宅で出来るかかとの角質ケア

正しいやり方を知っておこう!自宅で出来るかかとの角質ケア

もうすぐ夏本番。夏といえばサンダルですよね。サンダルを履く前に気になるのが「かかとの角質」ではないでしょうか。今回は自宅で出来るかかとの角質ケアについてご紹介します。

かかとの角質について

かかとは固くなったり、ガサガサしたりと見た目がよくない状態になることがあります。このような状態になる原因には、「外的刺激」や「乾燥」が挙げられますが、中には「白癖菌」が原因になっている場合があります。

白癖菌は水虫の原因菌で皮膚に寄生するカビの一種です。白癬菌が原因の場合は、いくらかかとケアを行っても症状がよくなりません。場合によっては水虫の症状が悪化してしまうことがあるため注意が必要です。
自宅でかかとケアを行って良いのは「外的刺激」や「乾燥」が原因で、角質が固くなったり、ガサガサしている場合のみです。

自宅で出来るかかとの角質ケア

①保湿

固くガサガサにしてしまったかかとに「尿素配合のクリーム」を塗ることで角質を柔らかくしていく方法があります。尿素には保湿効果があるだけでなく、固くなった角質を柔らかくする効果があります。これは尿素がタンパク質を分解する力があるためです。一定の効果が期待できますが、長期間の使用はおすすめしません。

尿素配合のクリームを使用する場合は下記3点に注意すると良いでしょう。

・刺激になることがあるので傷がある場合は塗らないようにする
・角質が厚く固い部分だけに塗る
・症状が良くなったら使用を中止する

②削る

フットケア専用のやすりでかかとのいらない角質を削りとる方法があります。やすりは昔からある対処方法で、ケアを行ってすぐに成果がみえるため、すぐにかかとを綺麗にしたいという時に向いています。

やすりを使用する場合は下記4点に注意すると良いでしょう。

・一気に削りすぎない
・お風呂や蒸しタオルなどでかかとの角質を柔らかくする(ふやけるほど柔らかくするのはNG)
・やすりを一方向に動かす
・使用後は削った部分を保湿する

③ピーリングで古い角質をはがす

ピーリングは足を薬液に30分~1時間程度浸し、数日間かけて古い角質が剥がしていく方法です。浸す時間は製品により異なります。日数を要するためすぐにかかとを綺麗にしたい場合には向きませんが、角質が剥がれた後は足が綺麗に見えます。角質が剥がれている最中は見た目がよくないため、その期間を考慮する必要があります。

ピーリングを使用する場合は下記4点に注意して行いましょう。

・使用前に必ずパッチテストを行う(薬液が肌に合わないことがあるため)
・古い角質が剥けてきても無理に剥がさない
・古い角質が剥けている間は足に保湿クリームなどをつけないようにする
・薬液に足を浸している最中に痛みや強い刺激がある場合、直ちに使用を中止する

最後に

いかがでしたか?どれも自宅で簡単に出来るかかとの角質ケアをご紹介しました。かかとケアは定期的に行うことが大切です。注意点を守りつつ定期的にかかとケアを行っていきましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
正しいやり方を知っておこう!自宅で出来るかかとの角質ケア
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

冬でも注意が必要!茶くすみが出来る原因と対策

くすみにはいくつか種類がありますが、その中の茶くすみをご存知でしょうか?茶くすみは誰にでも起こりやすいくすみだからこそ注意が必要なのです。今回は茶くすみの原因と対策についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by千葉 祐子

いらない角質を除去してツルツル透明肌に!正しいケア方法をご紹介

季節の変わり目はお肌の調子が不安定になりがち。毛穴が気になったりクマやくすみが気になる方も多いのではないでしょうか?肌の表面の悩みには「角質」が大きく関係しています。そこで、必要以上に角質を取ってしまうのではなく、不要な角質だけを取り除くというケアに注目します。

Body Care

by齊藤 みゆき

体だけじゃない!ひそかに注目を浴びている手にも乾燥対策を!

お顔だけでなく手にも年齢が現れやすく、そして、手は思っている以上に顔の次に注目を浴びているパーツです。「第2の顔」ともいわれる手は、男性も密かにチェックを欠かさないのだとか。今から5年後、10年後も美しくキープし続けていられるように、将来に備えたケアを心がけて透明感あふれる手を目指しましょう!

Skin Care

by千葉 祐子

やっぱり気になるニキビ肌…的確にケアする方法とは?

気になるニキビ。ケアはしているけれど、どうしても治りきらなかったり、治ってはまた出てきたりするニキビありますよね?今回はそんなお悩みを持つ方のための的確なケアの仕方をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す