2016年9月6日 更新

唇が荒れてしまった…そんなときに役立つ口唇炎の対策方法とは?

唇が荒れてしまった…そんなときに役立つ口唇炎の対策方法とは?

唇が荒れてしまうことを「口唇炎」という旨を別の記事で紹介しました。 口唇炎にはタイプがあり、原因も異なります。 今回はそれぞれの口唇炎の対策方法をご紹介します。

口唇炎の種類とは?

口唇炎には種類があります。
以前ご紹介したのは下記4つです。
・接触性口唇炎
・剥離性口唇炎
・アトピー性口唇炎
・光線口唇炎

この中で起こりやすい口唇炎は「接触性口唇炎」と「アトピー性口唇炎」といわれています。
原因は様々ですが、口唇炎対策はその原因を取り除くことが大切です。

では、これらの口唇炎の対策方法を見ていきましょう。

接触性口唇炎の対策方法

・口紅、美容液などの化粧品や歯磨き粉など原因と考えられるものを中止する
・山芋、キウイフルーツなどの刺激やアレルギーが発症しそうな食べ物を避ける
・リップクリームを使用せずに精製度の高いワセリンを使用する

剥離性口唇炎の対策方法

・食生活の乱れを正し、バランスのよい食事を摂るように心がける
・外食や加工食品を食べる頻度を減らす
・ジャンクフードを食べる頻度を減らす
・ビタミンを積極的に摂取する(特にビタミンB群やビタミンCを摂取するようにする)

アトピー性口唇炎の対策方法

・唇を舐めないようにする
・食後や洗顔後など、ゴシゴシ拭きすぎない
・アルコール入りのおしぼりで口を拭かないようにする
・加湿器などを使用し、室内を乾燥させないようにする

光線口唇炎の対策方法

・つばの広い帽子をかぶるなど、紫外線に当たらないようにする
・UV効果のあるリップクリームを使用する
・ストレスを解消する
・睡眠をしっかりとる

最後に

これら以外にも対策方法はありますが、上で紹介したような唇が荒れる原因を避けていくことが大切です。
唇が荒れるとリップクリームを使用してケアをするイメージが強いですが、接触性口唇炎の場合、そのリップクリーム自体が原因になっている場合があるので注意が必要です。

また、リップクリームに配合される「ヒマシ油」「メントール」「香料」などがアレルギーを引き起こしている場合もあります。
とはいえ、これらがアレルギーになりやすいというわけではなく、合わない人が荒れてしまうことがあるというだけです。これらの成分が害だと勘違いしないようにしましょう。

なお、これらはケミカルコスメだけでなく、オーガニックコスメにも配合されていることがありますので注意してください。

さらに、症状の重さによっては、UV効果のあるリップクリームの使用が刺激になり、よくない場合もあります。
荒れが酷い場合は医師の診察を受け、その症状に合った治療をしていくことが大切です。

同じ「リップクリーム」といわれるものでも医薬品、医薬部外品、化粧品など種類があるので、使用するリップクリームにも気をつかいましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
唇が荒れてしまった…そんなときに役立つ口唇炎の対策方法とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

bymamina

今季メイクはこれでバッチリ!今からでも買える旬顔パレット

まだまだ暑いと油断していたらすっかり寒くなり、秋になる前に買おうと思っていたコスメを買い逃してしまった!という人も多いのでは?でもまだ間に合います!今から、冬も応用できるオータムメイクを楽しみましょう。今回は、自分の好みや今の気分を叶えるパレットをご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す