2016年9月6日 更新

あこがれのすっぴん美人になるには「透明感」は外せない!

あこがれのすっぴん美人になるには「透明感」は外せない!

白く透明感のあるお肌……あこがれますよね!ターンオーバーの周期が遅れたり乾燥することでだんだんとくすんでしまうお肌に「透明感」を取り戻す方法は?それぞれの原因とそれに応じた解決方法をご紹介します。

肌に透明感がない!原因は……?

透明感のないお肌とは?
たとえばセロハンテープは、1枚だと透明に見えますが、何枚も重なった巻きの部分は黄色く濁っていますよね。肌の上でも、このような状態が起こっています。
一般的には、透明感のない肌=「くすみ」といわれています。

肌の色は、皮膚を構成する乳白色の真皮と半透明の表皮、さらに表皮に含まれるメラニンや真皮の毛細血管を流れる血液などが混ざりあって構成されています。
老化や肌あれなどで角層が厚くなると、メラニンの影響を受けて肌色が暗くなったり、血行が悪くなることでくすみが起こります。

透明感のなくなる原因はいくつもあり、それぞれに改善方法が違います。

原因その1…ターンオーバーの遅れ

◆肌の角層では新しい細胞が生まれると28日かかって肌の表面に上がり、そしてアカとなってはがれ落ちます。これを「ターンオーバー」といいます。

正常な状態であれば作られて、排出されて……を繰り返しますが、加齢や肌がトラブルを起こしている場合など、周期が遅れてしまうことがあります。
そうすると、不要になった、はがれるはずの細胞が肌の表面に分厚く溜まっていきます。

また、メラニン色素が色素沈着を起こし、シミにもつながります。

※ ターンオーバーの遅れた状態は「肌が便秘状態」になったものといえます。

解決方法…ターンオーバーを正常に

◆メイクは必ず落としてから寝る。

メイクを落とさないまま寝ると、肌がくすみ、透明感がなくなります。
メイク汚れや古くなった皮脂などの油が酸化するので、クレンジング剤で油の汚れを浮かし、きちんと落とすことが大切です。

その後、洗顔料をよく泡立て、その泡をTゾーンにのせてのばしながら、顔全体に行き渡らせます。
(ゴシゴシこすり洗いはNG)
すすぎは20〜30回しっかり行いましょう。すすぎ残しは肌の老化を促進させてしまいますので要注意です。

古い角層を定期的に除去しましょう。(肌の大掃除)
普段の洗顔で落としきれない古い角層を、ピールオフタイプのパックやスクラブ洗顔などでクリアにしておきましょう。
肌によって頻度は変わりますが、月に2〜3回がオススメです。
やりすぎは、未熟な細胞をはぎとってしまい肌が敏感になりやすいので注意しましょう。

原因その2……肌の乾燥

◆顔がくすんで見えるのは、体のほかの部分に比べて皮膚が薄いことが原因の一つ。
水分量を上げれば透明感をより上げることができます。
くすんで見える肌の人の水分量は25%以下といわれますが、40%くらいになると肌が透き通って見えるようになりなす。

◆肌は水分を失うとバリア機能が低下し、それを補うために角層が分厚くなりくすみ、潤い不足だと透明感が失われます。

(例えば……寒天は水の中では透明に見えますが、乾燥すると白っぽく見えます。)

解決方法……乾燥

◆保湿を徹底するのが一番ですが、その前に肌の水分量を上げることがポイントになります。

お風呂やマッサージで血行を良くし、ファンデーションや古くなった皮脂をきちんと落とし、水分の入りやすい肌を作りましょう。
そしてオススメは、ローションパック。
通常のコットンでパッティングするよりもローションパックは水分の吸水率が高く、2〜3分で肌がふっくら柔らかくなってきます。

※ローションパックが乾ききらないうちにはがして下さい。せっかく肌に入った水分を奪いとることになってしまいます。

水分をしっかり入れたら、乳液・クリームなどの油分でしっかり保湿をしましょう。

乾燥が気になる方は、1週間くらい毎日ローションパックを続けてみてください。その後は3日に1回ペースでOKです。

原因その3……血行不良

◆血行がよい状態が大事である理由は、細胞1つ1つに栄養と酸素を運び育てているのが血液であることにあります。

血行がいい肌は、赤みがあってほんのりピンクに見えます。しかし血行の悪い肌は、グレーががったり黒ずんだり、黄色く見えてしまいがちです。

体が冷えたり、寝不足が続いたりすると血液の流れが滞り肌がくすみやすくなります。

解決方法……血行不良

◆血行が悪ければ、どんなに念入りにスキンケアをしていても、透明感のある肌になることはできません。

◆体温を1℃上げる何かをする。
ストレッチ、体操、入浴時に湯船につかる、マッサージをするなど、血液の流れをスムーズにしましょう。

◆タバコ(喫煙)は血管を収縮させてしまいます。
タバコを吸っている人で透明感のある肌のアラサー・アラフォーの人はまずいません。いろいろなことに気をつけても喫煙している限り、効果は微々たるものになってしまいます。吸わないことが一番ですが、無理であればまずは本数を減らすことをオススメします。

その他の解決方法

◆食事で透明感を出す。

女性の体を考えるとオススメのタンパク質は「豆類」。
豆類や豆腐などの植物性タンパク質をはじめ、「魚」とときどき「肉」を意識しましょう。

また、黒ずみ・くすみ・シミのもとになるメラニン色素の増加を抑えてくれる効果のある「ビタミンC」は酸化から肌を守り、美肌ケアに欠かせないコラーゲンの生成を促してハリ・ツヤをアップさせます。免疫力をアップさせるため、夏バテや夏風邪予防にも効果的です。

(ビタミンCが多く含まれる食材)
ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・キャベツ・レンコン・ジャガイモ・イチゴ・柑橘類・緑黄色野菜に多く含まれます。
また、ホウレン草やキャベツ、ルッコラ、白菜などは糖質が少なく、食物繊維が豊富に含まれています。
これらを食事の最初に食べることで血糖値上昇を抑えるだけでなく、抗酸化作用が得られることも明らかになっています。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
あこがれのすっぴん美人になるには「透明感」は外せない!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

見られていますよ!隠しきれないエイジングパーツ!出やすい場所とケア方法をご紹介

最近、スキンケアやメイクアップによって若々しい肌や印象を作り上げている「美魔女」や「年齢不詳」の女性が増えて来ていますね。しかし、ついうっかり!他人に見られてやすい、肌年齢が出てしまう場所があるのです。その場所とケア方法をお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す