2016年12月7日 更新

目指すはハーフマットなお肌!パウダリーファンデーションで「なりたい」を叶えましょう

目指すはハーフマットなお肌!パウダリーファンデーションで「なりたい」を叶えましょう

柔らかそうでふんわりとした、思わず触れたくなるようなお肌って、魅力的ですよね。優しい雰囲気になりたいのであれば、ベースメイクがカギになるかもしれません。あなたの「なりたい」を叶えてくれそうな、パウダリーファンデーションの塗り方をご紹介します。

パウダリーファンデーションの魅力はどんなところ?

パウダリーファンデーションのよいところは、塗り心地。軽くてさっぱりとした感触が特徴です。
また、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなどと違って、フェイスパウダーで仕上げなくてもキレイにできあがるので、お手軽といえます。

油分が少ないので、ナチュラルな仕上がりが好みの方にもおすすめ。
また、不自然な艶が出ることが少ないので、優しいハーフマットな表情になれるかもしれません。

さらに、化粧直しが簡単なのも特徴。
崩れても、サッと塗るだけで塗りたてのような仕上がりになれそうです。
メイクにあまり時間をかけたくない方にも便利なタイプなのです。

ただし、塗り方をきちんとマスターするともっとキレイになれるかもしれません。
ふんわりとした雰囲気を目指して、パウダリーファンデーションの塗り方をマスターしてみてはいかがでしょうか。

付属のパフだけでOK!?アラをキレイに隠すコツ

パウダリーファンデーションを購入すると、パフが付属されていることも少なくありません。
そのパフだけでキレイに仕上げることも可能です。

パウダリーファンデーションは、リキッドタイプなどと違ってアラをカバーする力が比較的弱いもの。
まずは、シミやクマ、くすみなど、お肌の気になる部分から塗っていきましょう。
ファンデーションの量は、表面を2回程度撫でるようにして取るのが目安です。

お肌のアラをカバーしたら、広い部分に塗っていきます。
頬にパフを滑らせるようにして塗りましょう。
あるいは、上から押さえこむような感覚で塗ってもOKです。
パフで塗るとお肌に負担がかかりやすいので、不必要な摩擦は避けた方がベターなのです。

額に塗るときは、頬に塗った残りのファンデーションを伸ばしていきます。
額はテカりが気になりやすい部分なので、少量で大丈夫でしょう。

目の周りや小鼻など、細かい部分に塗るときも、新たにファンデーションを取らず、残ったファンデーションを塗っていきます。
化粧崩れしたり、よれたりしにくくなるでしょう。

最後に、フェイスラインにも忘れず塗ります。
フェイスラインに塗らないと、お肌に境目ができてしまって不自然になるかもしれません。
仕上げのひと手間を惜しまないようにしましょう。

よりナチュラルに仕上げたいときはブラシを使ってみましょう

ムラや厚塗りが気になるという方は、ブラシで塗るのがおすすめです。
ブラシの毛一本一本に粒子がなじみ、薄く均一に塗ることができるかもしれません。
また、フィット感が高まるのも特徴です。

ブラシを使う際は、ファンデーションを思いきってたくさん含ませてみましょう。
毛の奥がギュッと固くなるくらい押しこむと、粒子が入りこんでお肌に均一に塗りやすくなります。

塗る順番は、頬、額、鼻や口まわり、目の周りです。
広い部分から塗っていくことがコツでしょう。
最後にフェイスラインを塗るのもお忘れなく。
塗り方にもポイントがあります。

頬はスタンプを押すように、ポンポンと軽く塗っていきます。
目の下や額、眉間はブラシを左右に動かしながら塗りましょう。
小鼻の周りは筆を小さく回転させながら塗るのがコツです。
フェイスラインに塗る際は、ブラシを軽く持って外側になじませていきましょう。

自然な仕上がりにするためには、チークをのせるときにも気を使ってください。
ファンデーションを塗り終えた後で、チークとファンデーションを混ぜ合わせます。
その混ぜたブラシで頬にチークをのせるのです。
チークが浮かず、血色のよいふんわりお肌になれるかもしれません。

思わず触れたくなるお肌に近づいてみませんか?

柔らかいお肌は、同性にも異性にも好感度が高そうですよね。
パウダリーファンデーションを使うと、優しいハーフマットなお肌になれるかもしれません。

手軽だから、とただ塗っていた方は、塗り方を変えてみてはいかがでしょうか?
少し手順を工夫するだけで、仕上がりが変わることもあります。
メイクはひと手間が大切なもの。
あなたの「なりたいお肌」をメイクで叶えてみませんか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
目指すはハーフマットなお肌!パウダリーファンデーションで「なりたい」を叶えましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

アイライン・マスカラで印象は変わる!今日はどんな顔を目指したい?

アイシャドウのカラーを変えると顔の印象は随分変わりますが、アイラインやマスカラの塗り方を変えるだけでもイメージを変えることは可能。その日の気分によって、メイク方法を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

年相応に見られたい!「大人顔さん」と「おさな顔さん」のメイク方法

大人っぽいお顔の方も、幼く見えるお顔の方も、それぞれ魅力があります。しかし、本人はそれが悩みであることもありますよね。そんな方のために、年相応に見られるメイク術をご紹介します。

by西田 彩花

選び方もつけ方も違う!?一重・奥二重の方のつけまつ毛術

つけまつ毛はナチュラルに目力をアップさせるアイテムです。でも、一重の方と奥二重と、二重の方ではそれぞれ選び方やつけ方が違うと知っていましたか?雑誌の真似をしても上手につけられなかった方も、このつけまつ毛術をマスターして、チャレンジしてみてください。

by西田 彩花

艶感メイクがテカりと間違われているかも!?キレイな艶をメイクする方法

メイク時に艶を仕込んで艶感メイク!バッチリと決まると、とても美しく仕上がりますよね。しかし、艶感メイクでありがちなのが、艶がテカりに見えてしまうこと。美しい艶を作り込んだつもりなのに、なんだかテカっているみたい…。そんな悩みを持っていませんか?そこで、テカりに見えない艶感メイクの方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す