2016年12月7日 更新

POLA 美肌県グランプリ 2015年も4年連続1位は島根県!!あなたの出身地は?!

POLA 美肌県グランプリ 2015年も4年連続1位は島根県!!あなたの出身地は?!

株式会社ポーラから今年も発表された「ニッポン美肌県グランプリ」。2015年のグランプリは、なんと4年連続という偉業を成し遂げた島根県でした!その勝因は「気象を味方につけた、美肌を保つ環境」にあり。島根県民に学ぶ、美肌の秘密は要チェックです!ニッポン美肌県グランプリの結果は全国47都道府県を対象に、1年間(2014年9月1日~2015年8月31日)に集めた女性の肌データ(734,448件※1)を分析し県別に集計。全6部門(肌がうるおっている、ニキビができにくい、シミができにくい、くすみがない、毛穴が目立たない、キメが整っている)の合計値から偏差値を算出し、総合順位を決定しています。 ※1 アベックスのスキンチェック実施件数(2014年9月1日~2015年8月31日)

4年連続グランプリ!島根県民の美肌をつくる気象環境

気象環境

4年連続1位を獲得した島根県は、「肌がうるおっている:5位」「キメが整っている:6位」「シミができにくい:12位」など、全6部門においてバランスよく高順位を獲得していることで総合1位に輝きました。その要因として、日照時間※2が短いため紫外線の影響を受けにくく、水上機密度※3が高いため肌のうるおいを保ちやすいという美肌によい気象環境が関連していると考えられます。

※2 日照時間:気象庁HPより(2014年9月1日~2015年8月31日)
※3 水蒸気密度:大気中の水分量を表します。空気中1㎥中に水分が何グラム含まれているかを示し、その温度で飽和水蒸気密度×相対湿度から求めます。(2014年9月1日~2015年8月31日)

あなたの出身地は何位に?

なぜ美肌なの??上位3県の結果に関する考察

第1位 島根県

◆肌がうるおっている…5位、ニキビができにくい…8位、シミができにくい…12位、くすみがない…18位、毛穴が目立たない…11位、キメが整っている…6位

4年連続1位を獲得した島根県は、全6部門が20位以内にランクイン、そのうち3部門がベスト10に入りました。大幅に順位を落とす部門がなく、とてもバランスが良い肌状態。
気象環境の面から考えられることは、日照時間は短く全国で7位、水蒸気密度は高く全国で11位のほか、美肌を阻む2つの風「肌荒風※4」「毛穴熱風※5」の影響も受けないことから、年間を通じて美肌を保ちやすい気象環境が整っていることがこの結果に関連していると考えられます。

第2位 山形県

◆肌がうるおっている…42位、ニキビができにくい…3位、シミができにくい…11位、くすみがない…36位、毛穴が目立たない…5位、キメが整っている…7位

山形県は「ニキビができにくい」部門3位、「毛穴が目立たない」部門5位、「キメが整っている」部門7位と、トップ10に入った3部門が全体を引き上げ、昨年の8位からランクアップしています。日照時間が全国的にみて短い傾向にあることや、生活習慣のアンケート※6では「バランスの良い、規則的な食事」をとっている方が比較的多いことが、高順位の要因だと考えられます。

第3位 愛媛県

◆肌がうるおっている…7位、ニキビができにくい…21位、シミができにくい…23位、くすみがない…15位、毛穴が目立たない…10位、キメが整っている…14位

昨年同様の3位をキープした愛媛県。「肌がうるおっている」部門が7位と好成績なことに加え、その他の部門も10位~23位以内と比較的全体のバランスが取れています。
気象の面からみても、日照時間、水蒸気密度共に全国的にみて中程度であることに加え、1年を通じで変動が少ない天候のため、季節の変わり目における肌の負担が少ないことも、上位の理由と考えられます。


※4 肌荒風(はだあらしかぜ)とは、肌のうるおいを奪う、高い山脈を越えてくる乾燥型と、狭い平野を通り抜ける突風型の2種類の風。
※5 毛穴を開かせる「山」と「海」から吹き込む2種類の熱風。
※6 アベックス スキンチェック 生活習慣・体調アンケートより(2014年9月1日~2015年8月31日)

実は食文化にも秘密があった?!「魚を丸ごと&発酵調味料で食べる」

地域に根付く食文化

今年の美肌県グランプリでは、肌の外側から影響をおよぼす「気象」からの考察に加えて、肌の内側から影響をおよぼす「食」にはじめて着目。
今年を含めた過去4回の美肌県グランプリを経て、美肌県上位の県は、島根県・愛媛県が属する「中国・四国エリア」、山形県・石川県などが属する「東北・北陸エリア」に集中している傾向がみえてきました。
今回、東京家政大学栄養学科の協力のもと美肌県上位の県に共通した食文化を探ったところ、共通して「魚を丸ごと&発酵調味料で食べる」ことが食文化として根付いていることがわかりました。

◆東北・北陸地方…たら汁やどんがら汁などに代表されるように、魚のあらの部分も汁や鍋にして食べる習慣があります。味噌・麹などの発酵調味料との組み合わせも多く取り入れられています。

◆中国・四国地方…小魚をはじめ魚を丸ごと用いる料理が豊富。すり身で食べることも多く発酵調味料と組み合わせた調理も見受けられます。例:かさごの煮付け、ぶりのあら炊き

美肌上位県の食文化を家庭でも♪「魚を丸ごと&発酵調味料」を取り入れたレシピ

「梅香るししゃもの南蛮蒸し」「クルクル鮭のトルティーヤ」など、家庭で今すぐ取り入れたいレシピを公開中!

美肌指数は「美肌予報」でチェック!

日本気象協会とポーラ美容研究室が開発した新しい肌ケア提案のコンテンツサイト「美肌予報」。向こう1ヶ月の天気予報を元に、都道府県別にオリジナルの「美肌指数」を算出し、おすすめのお手入れポイントを提案します。

来年はあなたの県もランクイン?!

美肌県グランプリといえど、お肌の状況は十人十色。
美肌予報でお肌の状況をチェックして、お肌に良い食生活と自分に合ったスキンケアを実践してみましょう♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティー&ウェルネスライター 日本化粧品検定協会認定 コスメコンシェルジュ 「VoCE」公式ブロガー VOCEST! Platt!BEAUTY編集部ライター F1層向けアパレル業界の実店舗とWebショップにて販売・バイイング・マネジメントを経験し、女性の様々な欲求や悩みに触れること10数年。 Webショップでは美容部門の新規立ち上げを行い、マーケティング・商品企画・PRまで...
POLA 美肌県グランプリ 2015年も4年連続1位は島根県!!あなたの出身地は?!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

辻岡 奈保美さんの新着コラム

Skin Care

by辻岡 奈保美

【2017春夏新作】先手必勝!時間を味方にする「KANEBO」のスキンケア&メイクアップ

2017年春、「KANEBO」が提案するスキンケアのメインテーマは「一月(ひとつき)のリズム」。適切なタイミングでケアをする「時間美容」を取り入れて、感動的な美肌を手に入れようというもの。また、メイクアップの考え方は「たおやかで凛とした普遍的な美しさ」。特に「肌」と「ライン」を重要要素としてつくりあげるためのアイテム設計がされています。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by稲毛 登志子

知っていましたか?寒い季節にこそ美白ケア♡

夏は美白に力を入れてるけど、冬の間は特にケアをしていないという、そこの貴女。冬の紫外線も油断できないので美白ケアは必須ですよ!また乾燥がシミを悪化させる原因になるって知っていますか?冬もケアを続けて美肌を保ちましょう。

Body Care

by齊藤 みゆき

生姜を味方につけて寒い冬を乗りきるコツ

今はちょうど一年で一番寒い時期といわれる大寒の時期ですが、この時期から太陽の力は日ましにだんだん強くなり、植物も芽生え始め、少しずつ春に向かっていきます。とはいえ、春が近いといっても、それは暦の上での話で、実際はまだまだ寒い日が続くでしょう。体調を崩さないようにご自愛いただきたいのですが、風邪...

Body Care

by水野 志音

脱お正月太り宣言!むくみを改善してすっきりボディに…

「お正月はなぜか毎年太ってしまう」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そもそもお正月は、主婦が三が日の間、家事をしなくてもいいように保存食でもあるおせちを食べます。おせちには、保存ができるように塩分がしっかりと入っています。これによって普段より塩分過多になってしまい、体はむくみがちになっ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す